大学院の成績発表。

大学院の成績発表がありました。恐々、恐る恐る、、、。見ました。
こんなとき、Webでインタラクティブに自分の情報が得られるのは便利な反面、クリック一つがドキドキです。一年制の修士課程なのでダメだともう一年という状況。しかも研究科が出来て一年目の学生なので周りの皆さんに揃って何とか…と思っていたところ、、、単位足りてました(涙)。

これで19歳から続けてきた二足のわらじ生活は6年目にして終わりを迎えます。周りで応援+助けて頂いた皆さん本当にありがとうございました。

Suicaでグリーン

風邪が治りきっておらず頭がふらふら。今日だけごめんなさい、と思い、湘南新宿ラインはグリーン車に乗車。Suica で予め駅でグリーン券を買い、乗り込んだら頭の上の Suicaのマークのところにピッ。これで検札終了。便利です。

大学での会計のゼミでは新幹線債務、というか新幹線債務負担割合の是非がテーマ。国鉄民営化後、新幹線鉄道保有機構が本州3社(JR東日本、東海、西日本)に対してリースしていた新幹線資産を、平成3年に3社に対して計9.2兆円で売却しました。収益性の格差を無くそうすることを配慮したとされていますが、3社の収益力や売却する資産内容から見てこれらの負担割合は適切だったのか、というところをみてみたいのです。まぁ予定より早く返済が進んではいるんですけどね。

ところが、なんと偶然にもうちのゼミのボスが国土交通省の鉄道建設・運輸施設整備支援機構の評価委員会の委員だったと今日知り(道路公団とかはやってるけどまさか鉄建もだとは知らなかった)、しかも今日どうやら来期からはやらないという電話をしたいみたいで、あーせっかく研究のきっかけがあったかもしれないのにーと残念でした。

ゼミの仲間がやっているリース会計のあたりも興味深いです。オフバランスされているリース残高が債務総額の25パーセント相当もあるような上場企業って、、、ある意味すごいです。オンバランスしなければならなくなっちゃったらどうなるんだろうと。業績を見るとかろうじて利益出してるけど、それは本当に「かろうじて」という感じ。議論はリース業界にさじをなけだかたちになっていますがどうなるんでしょうね。世界的な流れではオンバランスしなければならないことは仕方ないと思いますが。

イヤホン壊れる。

またも睡眠時間が取れず眠くて仕方がなかったのでiPodガンガンかけながら歩いていたら、イヤホンの分岐部分からケーブルが露出して、そのままぷちっといっちゃいました。がっくり。この前はイヤホンのリモコンのボタンがどこかに飛んでいってしまったのですが、乱暴すぎるのかなぁ。

そうそう、週末は元シスコの日本法人の社長だった松本さん(うちの大学にもしばらくいらっしゃいました)、資生堂の小室さん(ネットエイジの西川さんのところにいらっしゃったときにお会いした以来かもしれません)とご一緒させていただいてお話しをする予定です。

朝、湘南新宿ラインの快速に間に合わないーと思って走ったのですが、さすが足の長い長距離電車(遅れやすい、という意味です)。2分遅れてくれていて無事乗れました。今月号の鉄道ファンと鉄道ジャーナルはどちらもこの間の池袋駅の工事のあとの湘南新宿ラインの特集です。興味深いのは湘南新宿ラインのダイヤ編成の難しさ。走っている路線の関係で高崎線や宇都宮線、埼京線、東海道線、横須賀線の5つの線の影響を受けるわけで、どれか一つでも大きな事故が起きるととたんに遅れが出るわけです。複数社の相互乗り入れの際には必ず出る問題ですが、いずれにしても定時運行が大変だということがわかります。

SFCに行ったら、葉が少し紅くなっていました。寒くなってきましたね。さらにその後、お昼に横浜で東京大学の学生さん2人と(中学の後輩にあたるらしい)お会いしました。湘南新宿ライン-りんかい線と乗り継いで、昼からは東京のオフィスで仕事。