恩送りという言葉に出会う

若者力大賞受賞者講演会

昨晩は理事を務めさせていただいている公益財団法人日本ユースリーダー協会で講演会を開催し、そのモデレーターとして参加した。

昨年私がこの協会の事業である「若者力大賞」の実行委員長を務めさせていただいた折、「受賞式でスピーチを聞くだけではその方の深い活動までは知りきれない。もっとお話しを聴ける場を作りたい」とお願いし、その受賞者の方にお話しいただく講演会を初めて開催した。第一回の昨年はパラリンピアンの高桑早生さんに登壇いただき、リオでの挑戦の様子を話された。今回はその二回目。「次世代の子どもたちの未来のために」というテーマを設定した。

ご登壇いただいたのは児童労働問題に取り組んでおられるACEの岩附さん、チャリティーサンタの清輔さん、児童養護施設から出た若者を支援し続けているブリッジフォースマイルの菅原さんの3人。いずれも若者力大賞ユースリーダー支援賞の過去の受賞者の方たち。その方たちの「その後」を知りたくてこの企画に関わらせていただいてきた。

12月は、街にはクリスマスソングが流れ、イルミネーションできれいに彩られる。クリスマスにはプレゼントが贈られ、働くひとにとっては忘年会もあるだろう。一年を振り返るこの季節を楽しむ人たちは多い。ただ、決してクリスマスが、あるいは世間が幸せに包まれるタイミングを、必ずしも同じように楽しむことができない人もいるということを知ってほしい。あえてこのような時期だからこそ未来を担う子供たちのことを考えたい、という機会になった。

恩返しよりも恩送り

お三方から出た言葉のどれもに強く共感したが、ひとつ、本当に強く言葉に残った言葉がある。清輔さんの「恩送り」。この言葉は恥ずかしながら知らなかった。Wikipediaによると「恩送り(おんおくり)とは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。」ということだそうだ。

私は今まで多くの方に期待をしていただき、対してそれ以上に多くの方に迷惑をかけてきたことで、仕事とプライベートの時間のうち一部の時間は社会に使わせていただくことは次の世代に繋げる使命、と考えてきた。その都度社会におもどしすることを「恩返しする」といい続けてきたが、御恩をいただいた方にお返しするのではなく社会にお返しするものなのだから、恩送りはとてもすっきりする言葉だ。これからは恩送りと使おう。

日本ユースリーダー協会「第8回若者力大賞」表彰式のご案内

ぜひ2月21日には六本木ヒルズに

2月21日に、公益財団法人日本ユースリーダー協会が毎年この時期に実施している『若者力大賞』の表彰式を開催します。

『若者力大賞』は、若者ならではのパワーと使命感と行動力を持って、自ら時代を切り拓き、同世代に夢と勇気を与えている20代、30代の次世代リーダー及びその支援者・団体を顕彰することにより、次世代育成に対する社会的な関心を高め、その取り組みを推進していくことを目的に実施しています。

今年から私と、ジョブウェブの佐藤会長の二人に実行委員会をお任せいただき、昨年の夏前から、候補者を広く募った上で協会会員の若手社会人、そしてこれから社会に羽ばたく大学生を中心にした委員会メンバーで選考を進めてきました。また、昨年秋には実行委員会から大賞の審査委員会に推薦させていただき、審査委員長である三村明夫 新日鐵住金株式会社 相談役名誉会長及び各審査委員の皆さんのご承認をいただきました。

その結果、若者力大賞には、ネパール人のジギャン・クマル・タパさん(かながわ国際交流財団職員でネパール大使公式通訳)、ユースリーダー賞には織田 友理子・洋一さん(NPO法人PADM代表)、花柳 琴臣さん(日本舞踊家)、ユースリーダー支援賞・個人部門には藤沢 烈さん(RCF代表)、そしてユースリーダー支援賞・団体部門ではNPO法人ACEの皆さんが選ばれました。

どうしても皆さんのスピーチを聞いていただきたい

受賞者からそれぞれの活動そして今後の夢などを話していただくスピーチに大変熱いものを毎回感じています。ここで私がそれぞれの受賞者の方のご説明をするより、夕方からの開催ではありますが、ぜひ会場に来ていただいて受賞者の皆さんの熱い思いを聞いていただきたいのです。

ぜひ https://www.youthleader.or.jp/awards/8th/ からお申し込みください。当日はもちろん私も会場にいる予定です。

パラリンピアンの高桑早生選手の講演会を開催します

takakuwa
10月5日19:00より東京都内でパラリンピアンの高桑早生選手の講演会を開催します(主催:公益財団法人日本ユースリーダー協会 若者力大賞実行委員会主催、後援:一般社団法人日本パラ陸上競技連盟)。高桑さんは先日開催されたリオデジャネイロパラリンピックにも出場し、女子陸上(T44)100mで8位入賞、アジア記録を更新しました。

高桑さんは前回の第7回若者力大賞でユースリーダー賞を受賞され、その授賞式の折に20分ほどのスピーチを聴く機会がありました。中学の時に骨肉腫で左下腿を切断し、その後陸上の世界で活躍。既にこのblogでも書いているとおり今回のパラリンピックには私も視察に行き実際に競技場にも足を運びましたが、大変力強い走りを見せてくれました。そして、今年度の若者力大賞実行委員会の委員長を私がお引き受けするにあたり、より多くの方に現役パラリンピアンの話をぜひ聞いていただきたいと思い今回の講演会を企画することに至っています。

既に多くの方から参加のお申し込みを頂いておりますが、現役パラリンピアンの話を直接聴くチャンスはなかなかなく、貴重な機会ですのでこのblogでもご案内いたします。お申し込みは下記のURL(日本ユースリーダー協会のWebサイトにリンクしています)にあるフォームからお願いいたします。
https://goo.gl/SvnFot

私も当日は会場におります。ぜひお越しください!

第8回若者力大賞の候補者推薦のお願い

若者力大賞の受賞者の候補者推薦をはじめました!!

私が理事を務めている公益財団法人日本ユースリーダー協会が毎年表彰している「若者力大賞」。この第8回の受賞者の候補者推薦を6月30日までの間、協会のWebサイトにて受け付けています。

昨年の若者力対象の受賞者は

昨年は若者力大賞に倉木麻衣さん、ユースリーダー賞にはパラリンピアンの高桑早生さんと、LGBTが生きやすい社会づくりに取り組んでおられる松中権さん、ユースリーダー支援賞・個人部門には池本修悟さん(なんとたまたま先輩!)、若者の政治参加を促す活動をされている原田謙介さん、団体部門では大学の教科書をリサイクル販売した収益を発展途上国の教育に寄付する活動をされている「STUDY FOR TWO」、の皆さんが受賞されました。

若者力大賞は「社会をより良くするために活躍する若者とその指導者を顕彰」で、よく社会で知られている活動ではなく、大きく知られていられなくても社会のために活動されている方を見つけて応援させていただくという趣旨をもっています。

今年度の若者力大賞の実行委員会は私が委員長、そして長年の仲間であるジョブウェブの佐藤さんが副委員長という体制で進めております。

ぜひ皆さんからのご推薦をお願いします!