教育分野

「学びのイノベーション事業」の実証研究報告書が届きました。

投稿日:

「学びのイノベーション事業」報告書

「学びのイノベーション事業」報告書

4月11日に公表された「学びのイノベーション事業実証研究報告書」が製本されて手元に届きました。これは平成23年度から25年度の3カ年にわたって実施された文部科学省の事業で、小学校・中学校・特別支援学校に情報端末(タブレット)や電子黒板、無線LAN等を整備して実際に子供たちが学習する実証実験でした。実際に今後小中学校や特別支援学校への展開を行っていくにあたり、教材の開発、指導方法、効果・影響の検証などを広く行っています。なお、この事業は総務省とも連携して行われ、委員会には総務省からも委員が出席されていました(総務省の「フューチャースクール推進事業」と実証校は重なっており、省庁連携のケースとしては良い連携体制であったと思います)。

私はこの委員を当初から務めさせていただき、ITという視点と共に、特別支援学校での活用について意見を申し上げてきました。日本におけるデジタル教育は、先端的な取り組みをしている国々と比べると遅れているという指摘もあるわけですが、教育の現場で実際に活用されるようにしていくためには、単にタブレットを配れば良いとか、教科書をデジタルにすればよいという簡単な問題ではなく、どのようにして日本全体でスムースに導入していくことができるか、真剣な議論が積み重ねられたと思います。関わられた皆様、大変お疲れ様でした。

-教育分野

Copyright© iemoto BLOG , 2022 All Rights Reserved.