中国の空港で飛行機が遅れたときに見るべきアプリ

今日も遅れる北京空港

ただいま、中国は北京空港にいます。今日は東京-北京の日帰り出張です。中国時間17:10出発予定のフライトですが、これを書いているのが18:45。ゲート前で出発時刻の予定は分からないまま待ちぼうけです。5分くらい前にはじめて「遅れるよん」というアナウンスがありました。

中国の空港での大遅延は決して珍しいことではありません。遅れるときにはうんと遅れます。私の今まで最高記録は国内線で9時間遅延。午後3時台のフライトが深夜0時近くになって飛び、しかも途中で欠航とシップチェンジを繰り返したことによって座席がぐちゃぐちゃになり、とりあえず乗る人乗って、みたいな感じ。いっそ欠航にしてくれたほうが幸せだったかも。

北京-上海間だと、2時間ぐらいの遅延になると新幹線(高鉄)移動の方が早くなりますし、そもそも場所によっては高鉄に軍配。高鉄は時間が読めるので1-2時間ぐらいの差ならばよいという人だと、こんなストレスに耐えるよりは高鉄です。でも私、飛行機好きなんで。

怒り始めたらご飯の時間

怒る人が出てくるのも恒例。でもゲートのスタッフにとっては怒られてもどうしようもありません。彼ら彼女たちも慣れているのである程度は聞き流していますが、そのうちまじめに喧嘩になることも。お腹が減るとダメだってことなのか、ある程度の規模の空港だと(=ケータリング施設があるところに限られてる)弁当が配られるというのもオペレーションが出来上がっています。そう書いている最中に、盛り上がってまいりましたよゲートで。

カウンターでの様子

ゲート前で盛り上がりはじめる人たち。でもまだこれぐらいは序の口。

もともとこの便が遅れそうだとは全く思っておらず(前便は青島空港から北京空港へほぼ予定通り到着していた。これがそもそも遅れていると「始まる前に終わり」で諦めの境地に。)、気持ちよくゲートに行ったところ、同じバス用ゲートを使う前便が3時間近く遅れていてごった返し。この時点で搭乗時刻がずれ込むのは確定です。チーン(1回目)。

中国でフライト情報を得るアプリは飞常准がおすすめ

さて、中国においてフライトの情報、それも遅延や出発順序だけでなくシップのレジ、そのシップが今日一日どう飛んできているのか、などを簡単に把握できるアプリに飞常准(飛常準)があります。中国で飛行機を多用する人のほとんどはこれを入れているのではないかと思うぐらいによく使われています。実はリリースされてから年数が相当たつのでいまさら紹介するというのもありますが、これから中国に来る人にはお勧めです。携帯電話番号の認証を通しておくと機能が多く使えるようになります。

飞常准

空港にいて遅延のアナウンスが丁寧に流れるという期待は無理。私の目の前で並んでいた日本人の方からは、「この空港、WiFi飛んでいないですよね」と聞かれましたが、情報入手の手段が外国人だとさらに限られていったいどうなっていることやら、と。なお北京空港には旅客用のゲストWiFiは飛んでいますが、まともにIPアドレスが割り当ててこられなかったり干渉がひどかったりで最近はとんと使ったことがありません。

話しを戻して、飞常准の細かいデータには色々と突っ込みどころもあるものの、ありがたいのは、「予定時刻と実際に飛んでいった/着陸した時刻」との乖離。これを見れば、どれぐらい行列があるのか、つまり離陸/着陸待ちで詰まっているかがわかります。したの画像を見ていただくと分かるとおり、もうこの数時間、つまりまくりです。

飞常准で見る、時間ごとの予定と実際の差

飞常准で見る、時間ごとの予定と実際の差

ただし遅延時間の予測はあまりあてにならない

航空会社が出す情報を拾っている様子がある場面もあるのですが、例えば私がこれから乗る予定の便の時間の遅延予測は恐らく何らかのアルゴリズムで飞常准が自らはじき出していそうです。単に前に詰まっている便数と平均離陸間隔時間をとっているのでしょうか、よってこれは「遅れる」ということの把握だけに使われることをおすすめします。もちろん、これを書いてるのが18:45といいましたが、既に過ぎています。チーン(2回目)

飞常准で見る遅延情報のキャプチャ

飞常准で見る遅延情報。アナウンスがないので少しは気休めになる。

それにそもそも18:00前の時点で離陸待ちが50便ぐらいいましたから、北京の管制事情を考えばどう考えてもさばけるわけがありません! さらに、1時間ほど前にrunway changeでみんな南向きから北向きにえいやーっと回されていまして、上でholdかかってたのも含めて北京の南のほうに皆さん移動されてました。大変だ…。

そう書いてたら、次のプーケット行きの便が先に搭乗開始です。。

19:10のプーケット行きの搭乗開始。。

19:10のプーケット行きの搭乗開始。。

いつ乗れるかなぁ。チーン(3回目)

中国のタクシー予約アプリの1年

中国のタクシーでドライバー側のアプリを起動している状況

中国のタクシーでドライバー側のアプリを起動している状況

中国のタクシー予約アプリはこの1年であっという間に一般化し、さらに今年の年初には「アリババ」vs「テンセント」による奨励金合戦が繰り広げられ、裾野が一気に広がった感があります。1年前には都市部のタクシーでドライバーがアプリを立ち上げて予約を受けている様子を見るのはまだ物珍しく、上海で先に始まり、少しずつ北京でも増えてきたかなという感覚ですが、今やかなりの普及率。

これに関する記事を最初に書いたのがちょうど1年前。NNAに、タクシーの初乗り料金の上昇、タクシー運転手が待遇改善を求めている状況と共に、タクシーの予約アプリが出始めていることに触れました(中国でタクシー予約アプリが人気, 無料版のため一部のみ見ることができます)。ただ、実はこの記事の段階では中国当局も明確に規制を始める前。この後6月ぐらいになると、CCTVなどが報道の中で「高い追加予約料金を受け取ることは違法である」との内容で取り上げはじめ、その後北京市政府もこの件に関する規制を出すとの声明が出た結果、追加予約料金が上限無制限という状況は無くなりました。また、ユーザを集められなかったアプリは、事実上市場から消えました。(追加予約料金の上限無制限は仕方ないことではあるものの、個人的には、仕事のためにいくら払ってもどうしても移動したいという時はあるわけで、残しておいて欲しかったですね…)

実はこの6月・7月のタイミングで、各地の空港などにはいくつかのアプリの広告が掲載され始めており、「ああ、このアプリは残るのか」と分かるものもありました(潰されそうなアプリの広告が出る事は中国ではない。即ち、裏側できちんと話がついている、という意味です)。

ユーザからするとこの1年のタクシー市場の変化は劇的です。今までも電話でタクシー会社に予約は出来ましたが、結構適当。頼んだ時間に来ないことも何度も経験し、他のお客さんを乗せて行ってしまうこともあり。結局、仲良くなったドライバーさんの電話番号を聞いておき、早朝でタクシーがつかまりにくい場合にはその人に直接お願いするという「技」を身につけていくことになります。その点で、流しのタクシーを以前と比べてかなりスムースに捕まえることができるようになり、ストレスは確実に減った気がします。

昨年の記事以降変化があった状況など、年初のタクシーアプリの状況は当社のレポートにもまとめてありますのでご覧ください(緊急レポート!「急成長する中国のタクシー配車アプリ」)