アメリカ シェアバイク 自転車

BLUE BikesとFord GoBikeの再配置

投稿日:

シェアバイクの自転車はどうしても利用される流れや時間帯で配置場所に偏りが出てしまう。中国ではシェアバイクの再配置にトラックや電動三輪車が使われているが、さてアメリカではどうしているのか。

自転車を載せた台車を自転車で引っぱっている

まずニューオーリンズのBLUE Bikesのポートを見て回っていると、昨日書いた整備点検をしているスタッフと同じTシャツを着た人に出会った。見ると再配置用にはトレーラー型(!?)の自転車を使っている。

再配置用の台車に載せられる自転車(BLUE Bikes)

再配置用の台車に載せられる自転車(BLUE Bikes)

1台の台車に4台のる

台車の写真を撮っていいかと聞くと快くOKしてくれる。よく見せてもらうと、1台の台車にそれぞれ交互にすることで4台の自転車がうまくのるようになっている。これは賢い。

4台乗る台車が3台繋がる

4台乗る台車が3台繋がる

サンフランシスコではTHULEのサイクルキャリア

続いてサンフランシスコでFord GoBikeの様子。運営のベースがこちらはSoBiではなくmotivateが直接みているので(重なっているところもあるけれどFord GoBikeはシステム的にもmotivate)取り回しの仕方が違いそうだと思い、あちこちのポートを自転車でまわってみた。

すると、いたいた。自転車を載せているスタッフらしき人がいる。

BLUE Bikesと同じような考え方だが後ろの台車は一台だけ。

BLUE Bikesと同じような考え方だが後ろの台車は一台だけ。

再配置しているのかと聞くとそのとおりで、駅前に多く増えすぎたから近くのポートに持っていくのだとか。坂の上から下に、という法則と、周辺から駅などにという法則の二つはどうしても起きてしまうだろう。

写真を撮っていいかと聞くと少し不思議そうで「これ撮るの??」ぐらいの反応。そう!これを撮りたいんだ!と笑顔で言ったらさらに不思議そうに、気の抜けたOkay~をもらった。

同時に三台までしか詰めない。

同時に三台までしか詰めない。

BLUE Bikesでの見たものと違いこちらは3台までしか載せられないほか、使っているサイクルラックがTHULEのもの。なんかお金かかってる。。中国で「とりあえず自転車をガシガシ積めるだけ積む」のに見慣れていて、なんと丁寧に扱われていることか。すばらしい。

簡単な点検したりすることもあるが基本的には再配置と、修理をユーザーが通報してくれると(ラックのところにボタンがあるのでそれがトリガーになるそうだ)回収に来るという。

にしても、引っぱる自転車は普通の自転車。これこそ電動アシストつけてあげたほうがよくないだろうか...!?

-アメリカ, シェアバイク, 自転車
-, , , , ,

Copyright© iemoto BLOG , 2018 All Rights Reserved.