アメリカ 自転車

SAN FRANCYCLE (サンフランサイクル)

投稿日:

SAN FRANCYCLEのショップの正面。自転車グッズがあるとカラダが反応するように出来ている。

SAN FRANCYCLEのショップの正面。自転車グッズがあるとカラダが反応するように出来ている。

サンフランシスコもポートランドと同じく自転車文化の発達がすごい。街中での自転車乗りの人たちの慣れている様子で十分にサンフランシスコが自転車と両立できていることがわかる。

サンフランシスコで自転車にしっかりと乗ろうという人はあらかじめSan Francisco Bicycle Coalition(サンフランシスコ自転車連盟)のWebサイトを軽くでも見ておくと、走る上でのルール(Rules of the Road)や地図の情報などを手に入れることができる。

国内線ターミナルにあるSAN FRANCYCLEのショップ

サンフランシスコ空港の第3ターミナルの69番ゲート付近にSAN FRANCYCLEのショップがある。店内には自転車をデザインしたTシャツやグッズがかなり揃えられている。Tシャツは概ね20-25ドルぐらい。

このエリアは国際線とは別なので国内線エリアにある点に注意が必要。(アメリカは国際線出発が分かれているわけではないが、国際線エリアと、この69番ゲートがあるEエリアは思いっきり逆方向)

壁には自転車をデザインしたTシャツが色々と!

壁には自転車をデザインしたTシャツが色々と!

自転車のマークのシャツもかわいい。

自転車のマークのシャツもかわいい。

公式サイトによれば、このお店以外ではサンフランシスコ市内の自転車店やスポーツショップなど7店舗で買えるよう。(STOCKISTS)

アメリカの自転車店にはそれぞれのお店の名前のサイクルジャージやTシャツもあるので(ポートランドではPEDEL BIKE Tours、WESTENDBIKES、BIKE GALARRY、サンフランシスコではMIKE'S BIKEなどで実際に買った)、こういうものを買い集めてみるのも旅のお土産になる。

こうしてTシャツが増えていく...!!

-アメリカ, 自転車
-, , ,

Copyright© iemoto BLOG , 2018 All Rights Reserved.