アメリカ シェアバイク 自転車

ポートランドでBIKETOWNに乗る

更新日:

BIKETOWNとオレンジの組み合わせはカッコいい。

BIKETOWNとオレンジの組み合わせはカッコいい。

自転車の街、ポートランド。自転車都市としてのブランドが出来上がっている。そのポートランドにあるシェアバイクがBIKETOWN。NIKEがスポンサードしているサービスで、ポートランドの中心部のあちこちにポート(ポートランドではHubと呼ぶ)がある。

BIKETOWNのレポートはあちこちのblogや記事にあるので、ここでは自転車とサービスの仕組みにだけ特化して書いてみることにする。

なお、ニューヨークのciti、サンフランシスコのFordも同じだが、このサービスはNIKEが運営しているわけではない。各都市にスポンサーがいて、その都市の交通局が運営を委託し、受託する企業がいるという関係だ。その中にはスポンサーがいないサービスもあるし、ブランドがついているサービスもこのようにある。

クレジットカードさえあれば誰でも借りられる。

クレジットカードさえあれば誰でも借りられる。

自転車は内装8段で26インチをはく

まずは自転車から。カラーはNIKEカラーのオレンジがほぼすべてだが、ブラックとホワイトベースもごく僅かだが投入されている。

BIKETOWNの自転車(ポートサイド)

BIKETOWNの自転車(ポートサイド)

BIKETOWNの自転車(スターボードサイド)。自転車は右向きに撮る。

BIKETOWNの自転車(スターボードサイド)。自転車は右向きに撮る。

タイヤは26×1.75(47-559)をはき、変速機はシマノのInter-8(内装8段)。SG-C-6000-8Rが載る。

変速機がついている自転車で身近なところでは日本に投入されているofoや韓国のタルンイ、消えてしまったが中国のbluegogo proはいずれもInter-3(内装3段)だが、ここでは8段で、ポートランドのダウンタウンの坂も十分に登ることができる。別の記事で書くニューオーリンズのBLUE BikesはInter-3だった。(ニューオーリンズでBLUE Bikesに乗る)

フロントにはシマノのDH-C6000-3R-Hのハブダイナモ。3.0Wタイプのものだ。シマノでいうローラーブレーキ(BR-C6000-F)がそのまま載る。ブレーキレバーも当然シマノかと思いきやここだけTEKTRO。

タイヤはSCHWALBEのものとKENDAのものの二つを見つけたが、投入時期の違いだろうか(当然ブロックパターンも違う)。いずれにしてエアータイプ。空気が抜けている場合には連絡してねとWebやアプリに書いてあるが、10台以上タイヤを触ってみたところで空気が抜けていると感じる自転車は見当たらなかった。

Hubの様子。実はSoBiでも都市によって呼び方は変わる。BIKETOWNはHub。

Hubの様子。実はSoBiでも都市によって呼び方は変わる。BIKETOWNはHub。

オレンジ色は目立つ。

オレンジ色は目立つ。

自転車のデザイン

自転車は、Social Bicycles(SoBi, JUMP Bikes)が運営している自転車では全米でほぼ同じデザイン。ガタイが良いというか、簡単には潰れなさそうというか。。そこはアメリカ。。

BIKETOWN自体はmotivateが請け負っているが、その裏側のシステムのSoBiの自転車は概ね基本デザインが近い。(導入時期によって若干の違いがある)

NIKEとPORTLAND。これもクール。

NIKEとPORTLAND。これもクール。

黒いBIKETOWN車両。あちこち探してこれだけしか見つからなかった。

黒いBIKETOWN車両。あちこち探してこれだけしか見つからなかった。

あえていうと、このSoBiベースの自転車は左側のクランクとスタンドが当たるデザインが気になるが、ま、これも慣れればよい。ハブに返す際にはスタンドは立てないので、そもそもどこかで一時的に停めるときぐらいの用でしかないし。

一時的に停めることも出来る。HOLDボタンを押して、またPINを入れればいい。

一時的に停めることも出来る。HOLDボタンを押して、またPINを入れればいい。

スマートロックはSoBiの標準デザイン。プッシュでアカウント6桁とPINの4桁をいれるタイプ。予め登録すればメンバーカードでピッとすることも出来る。自転車の揺れを感知するか、ボタンを最初に押したところで電源が入るようになっている。

中にはGPSによる位置情報とGSM(2G)のデータ通信のモジュールが入っているという。スマートフォンからロック解除できる中国式の仕組みではない。順序でいくと、(1)スマートロックがスリープから起動する (2)アカウントを入力する (3)アカウントの有効性を確認しに通信するところで数秒待つ (4)PINを入れる というやり取り。PINを入れたところではどうも通信していない速度である気がする。アカウントの有効性を確認する通信で先にPINのデータを持ってきているのだろうか。

このソーラーパネルはスマートロック用のみ。ごついが、別にこれでも良い。

このソーラーパネルはスマートロック用のみ。ごついが、別にこれでも良い。

自転車の「鍵」は、これもSoBiの標準的なデザインであるU字の鉄パイプ。これだけをもっていく人は、、、さすがにいないか。

走行中はサイドにさして置く。

走行中はサイドにさして置く。

整備状況はまずまず

中国の自転車に慣れすぎているとまずは乗る前に自転車のチェックをするが、異音がするとかブレーキが甘いというものには一台も出会わない。あえていえばシートのクイックシューのネジを締めすぎていて上下させられないものに何台か出会ったぐらい。これぐらいは気にならない。

自転車を借りようとしている人。

自転車を借りようとしている人。日差しが強いと液晶がやや見にくい。

下の写真を見ていただきたいが、26インチでも少しフレームサイズが小さめで、女性が乗っても大きすぎることもないし、160~165cmぐらいの身長の人でちょうど乗りこなせている。

この人は横断歩道を斜めに横切っていたが、ポートランドは一方通行や自転車が通れない道が多くて慣れるのに少し時間がかかる。

この人は横断歩道を斜めに横切っていたが、ポートランドは一方通行や自転車が通れない道が多くて慣れるのに少し時間がかかる。

全体的に、自転車の状況から見てもある程度は整備がきちんとされているように感じる。素晴らしい。

中心部には緑色の自転車専用レーンも整うポートランド。何かしらポートランドという都市ブランドをうまく活用できる方法はないだろうか...。

専用レーンは一方通行。二段階右折の仕方を間違えないように。

専用レーンは一方通行。二段階右折の仕方を間違えないように。

(訂正)記事初出にチェーンの記載がありましたが、複数の方からご指摘いただきシャフトではないかとご確認いただき、その通りですので記載を修正しました。ご指摘いただいた方、ありがとうございました。

-アメリカ, シェアバイク, 自転車
-, , , , , , , ,

Copyright© iemoto BLOG , 2018 All Rights Reserved.