「 中国 」 一覧

ofoのメーカーラベルの一覧

中国のシェアバイクを支える自転車メーカーたち - ofo編

自転車メーカーとシェアバイク 2017年は、中国の自転車史上、最も多くの自転車が製造されたのではないだろうか。1930年代に中国に自転車産業が根付き始めて以来、2016年に起きたシェアバイクブームで一 ...

ofo のベルトドライブを採用した自転車

ofo のベルトドライブモデルの自転車

中国のシェアバイクにベルトドライブの自転車が投入 ofo にベルトドライブモデルの自転車が出てきた。電動アシストのシェアバイク用自転車には既に永久が上海で展開している自転車(GONBIKE)にベルトド ...

QiCYCLEのEF1。日本では来春発売予定とのこと。

CYCLE MODEでe-BIKEを見てきた

日本最大のスポーツ自転車の展示会といわれるサイクルモード・インターナショナル2017(CYCLE MODE international)に行ってきた。個人的な関心はスポーツバイクだが、今回の視察目的は ...

ドコモのシェアサイクル

ドコモのシェアサイクル。予約時にバッテリー残量が分かると嬉しい。

色々と不満はあるようだが、それでも使う人は増えている ドコモのシェアサイクル。台数が増えることになったり利用数が急増していたりと上向きなのが素敵。ユーザの声を聞いていると、アプリが残念とか地図から自転 ...

日本人が乗ることのできる中国のシェアバイク

身分証が無いので実名認証を突破できない 日本人が中国に行って乗ることのできるシェアバイクサービスは意外と多くはありません。 この理由は実名認証に必要な「身分証」がないこと。パスポートで実名認証を認めて ...

ShareBike Labo (シェアバイクラボ)

ShareBike Labo(シェアバイクラボ)を立ち上げました

日本でのシェアバイク展開を支援します クララオンラインとスポーツITソリューション(クララオンラインと電通の合弁会社)は、共同でShareBike Labo(シェアバイクラボ)を立ち上げました。(プレ ...

ofoの工場が横に流していると見られる自転車。

淘宝でシェアバイクのパーツを探す

無いものは無い 中国のECはエンタメの一つである。というのが私の意見。空き時間はアプリで眺め、面白そうなものがあったらとりあえず買ってみる。 淘宝(タオバオ)を眺めていると、思いもよらない面白いものに ...

なぜか歴史を感じる。

北京大学には教員や学生しか乗れないシェアバイクがある - ofoが展開

北京大学のキャンパスをルーツに持つofo 中国の二大シェアバイク企業のひとつであるofo。このofoは北京大学の学生たちによって立ち上がった(創業メンバーの5人はいずれも北京大学の大学院修了)。もとは ...

実用新案の資料より。

中国のシェアバイクは特許の塊

特許大国になった中国 中国における知財領域においては、代表的には発明、実用新案、意匠について特許権がある。これは日本と大きくは変わらない。その中国は近年、特許出願数が急速に伸びている。特許というものが ...

ヘクサロビュラ型のピン付きボタンボルトが使われている

Mobikeのネジの変化に注目する

Mobikeの初期型はサドルの高さが調整できなかった 中国のシェアバイクの最大手「Mobike」には、投入時期などによって様々な種類の自転車が存在しています。このうち、初期型のMobikeと、Mobi ...

Copyright© iemoto BLOG , 2018 All Rights Reserved.