中国の空港で飛行機が遅れたときに見るべきアプリ

今日も遅れる北京空港

ただいま、中国は北京空港にいます。今日は東京-北京の日帰り出張です。中国時間17:10出発予定のフライトですが、これを書いているのが18:45。ゲート前で出発時刻の予定は分からないまま待ちぼうけです。5分くらい前にはじめて「遅れるよん」というアナウンスがありました。

中国の空港での大遅延は決して珍しいことではありません。遅れるときにはうんと遅れます。私の今まで最高記録は国内線で9時間遅延。午後3時台のフライトが深夜0時近くになって飛び、しかも途中で欠航とシップチェンジを繰り返したことによって座席がぐちゃぐちゃになり、とりあえず乗る人乗って、みたいな感じ。いっそ欠航にしてくれたほうが幸せだったかも。

北京-上海間だと、2時間ぐらいの遅延になると新幹線(高鉄)移動の方が早くなりますし、そもそも場所によっては高鉄に軍配。高鉄は時間が読めるので1-2時間ぐらいの差ならばよいという人だと、こんなストレスに耐えるよりは高鉄です。でも私、飛行機好きなんで。

怒り始めたらご飯の時間

怒る人が出てくるのも恒例。でもゲートのスタッフにとっては怒られてもどうしようもありません。彼ら彼女たちも慣れているのである程度は聞き流していますが、そのうちまじめに喧嘩になることも。お腹が減るとダメだってことなのか、ある程度の規模の空港だと(=ケータリング施設があるところに限られてる)弁当が配られるというのもオペレーションが出来上がっています。そう書いている最中に、盛り上がってまいりましたよゲートで。

カウンターでの様子

ゲート前で盛り上がりはじめる人たち。でもまだこれぐらいは序の口。

もともとこの便が遅れそうだとは全く思っておらず(前便は青島空港から北京空港へほぼ予定通り到着していた。これがそもそも遅れていると「始まる前に終わり」で諦めの境地に。)、気持ちよくゲートに行ったところ、同じバス用ゲートを使う前便が3時間近く遅れていてごった返し。この時点で搭乗時刻がずれ込むのは確定です。チーン(1回目)。

中国でフライト情報を得るアプリは飞常准がおすすめ

さて、中国においてフライトの情報、それも遅延や出発順序だけでなくシップのレジ、そのシップが今日一日どう飛んできているのか、などを簡単に把握できるアプリに飞常准(飛常準)があります。中国で飛行機を多用する人のほとんどはこれを入れているのではないかと思うぐらいによく使われています。実はリリースされてから年数が相当たつのでいまさら紹介するというのもありますが、これから中国に来る人にはお勧めです。携帯電話番号の認証を通しておくと機能が多く使えるようになります。

飞常准

空港にいて遅延のアナウンスが丁寧に流れるという期待は無理。私の目の前で並んでいた日本人の方からは、「この空港、WiFi飛んでいないですよね」と聞かれましたが、情報入手の手段が外国人だとさらに限られていったいどうなっていることやら、と。なお北京空港には旅客用のゲストWiFiは飛んでいますが、まともにIPアドレスが割り当ててこられなかったり干渉がひどかったりで最近はとんと使ったことがありません。

話しを戻して、飞常准の細かいデータには色々と突っ込みどころもあるものの、ありがたいのは、「予定時刻と実際に飛んでいった/着陸した時刻」との乖離。これを見れば、どれぐらい行列があるのか、つまり離陸/着陸待ちで詰まっているかがわかります。したの画像を見ていただくと分かるとおり、もうこの数時間、つまりまくりです。

飞常准で見る、時間ごとの予定と実際の差

飞常准で見る、時間ごとの予定と実際の差

ただし遅延時間の予測はあまりあてにならない

航空会社が出す情報を拾っている様子がある場面もあるのですが、例えば私がこれから乗る予定の便の時間の遅延予測は恐らく何らかのアルゴリズムで飞常准が自らはじき出していそうです。単に前に詰まっている便数と平均離陸間隔時間をとっているのでしょうか、よってこれは「遅れる」ということの把握だけに使われることをおすすめします。もちろん、これを書いてるのが18:45といいましたが、既に過ぎています。チーン(2回目)

飞常准で見る遅延情報のキャプチャ

飞常准で見る遅延情報。アナウンスがないので少しは気休めになる。

それにそもそも18:00前の時点で離陸待ちが50便ぐらいいましたから、北京の管制事情を考えばどう考えてもさばけるわけがありません! さらに、1時間ほど前にrunway changeでみんな南向きから北向きにえいやーっと回されていまして、上でholdかかってたのも含めて北京の南のほうに皆さん移動されてました。大変だ…。

そう書いてたら、次のプーケット行きの便が先に搭乗開始です。。

19:10のプーケット行きの搭乗開始。。

19:10のプーケット行きの搭乗開始。。

いつ乗れるかなぁ。チーン(3回目)

中国の空港等級 – 聯合航空で大連から南苑へ

初めての南苑空港

サマーダボスが終わり、木曜日夜に大連から北京に飛んできました。

今回のDestinationは、北京は北京でも初の「南苑」(北京南苑空港, ZBNY/NAY)。北京市内の北東部にある首都国際空港と違って市内中心部からみて南にある軍民共用の大変コンパクトな空港です。同じく南側にある大興区に新しい第二国際空港が建設中ですが、大興が出来ると南苑は民間用途はなくなる見込みです(大興は2018年に開港見込みでしたが、2019年7月が現在の予定です。そして閉鎖される可能性が従来は示唆されてましたが、どうも軍用で残すことになりそうです)。

その南苑、ベースにしているのは中国聨合航空(联航)だけで、737を中心に飛ばしています。人民解放軍が母体ですが、その後中国東方航空の100%子会社になり今はいわゆるLCC的な位置づけに。ミールやドリンクは全て有料ですが、その分チケットはお安く、本音をいえば中国の国内線で提供されるミールはあまり美味しいと私は感じられませんので、削られて安くなるならば喜んでです。

コンパクトで使いやすい

昨日は大連21:20発の予定が前便、前々便からの玉突きで1時間ぐらいの遅れ。

搭乗口の前の様子。遅れはじめると怒り出す人もいるが幸いにしてこの便は平和に。

離陸さえすれば真っ直ぐ渤海を西に進み天津あたりで方角を変えるだけ、そして大して混んでいる航路・時間帯でもありません。ブロックタイムが1時間20分だった分、定刻からは30分ぐらいの遅れですみました。

CAACの航路図より北京-大連あたりの航路

南苑空港にはPBBはなくターミナルからそのまま降りる搭乗口がありますが、このフライトでは沖止め。バスでターミナルビルに降ろされた後、数十メートル先にはバゲージクレーム。バゲージクレームは2レーンあり、もうその5メートル先は出口。出たら50メートルぐらいでタクシー乗り場。普段の首都国際空港、特にT3(ターミナル3)と比べると、なんともまぁコンパクトで素晴らしい空港なこと。やや難点は公共交通機関が限られており、バスで西単や南駅などに出るかタクシーかということになります。23時を過ぎてましたがバスはありました。

北京南苑空港の様子

北京南苑空港の到着ロビー

到着ロビーから外に出た様子。右側にタクシー乗り場の列が。

着いて少し空港を見てからタクシーに乗り込んだのですが、南苑空港から東三環の三元橋エリアの宿までジャスト30分。タクシー乗り場では、近くではなく北京中心部に行く場合には別に待っている運転手さんがいるので、去哪里と聞かれたら、東三環!とか北四環!とか言って、その方面のタクシーの運転手さんを見つけていきます。

真っ直ぐ北に上がり四環をまわってきましたが、これぐらいならば首都空港でタクシー乗り場で延々と待って20分ぐらいで着くなんていうよりずっと速いかもしれません。ビバ南苑。

中国には空港等級というものがあります

ところで、中国には空港の等級というものがあります。「ああ南苑? 4Cだね!」、、、とは使いませんが、覚えておくとどれぐらいの規模の空港かが分かって「私は」便利です。皆様が便利かどうかはわかりません。

すごく簡単にいうと、滑走路の長さと、滑走路や誘導路などの設備がどれぐらいの大型機に対応しているか(翼の先端の先にさらに余裕が必要です)という二つの基準でついています。この基準は中国民用航空局(CAAC)による「民用机场飞行区技术标准」(民用空港飛行区技術標準)で定められており、下の図のようになっています。数字と漢字なので中国語が読めない方でもイメージしていだたけるのではないかと。

中国における空港の等級。これを組み合わせて「4F」「4C」などという。

4FというとA380がいける、4EというとB747-8やB747-400、A340あたりの四発機がいける、という感じでイメージしてください。実際には滑走路の長さや幅だけでどの機体が降りれるというわけではありませんが。詳しく知りたい方はCAACのこのPDF(民用空港飛行区技術標準)を見ていただくと良いです。これを見てから中国の空港に行くと空港が100倍楽しくなりますよ! (私は。)

航空需要の増加に耐えられるのか

では、どれぐらい「4F」があるかというと、香港をいれて18(香港をいれて桃園をいれないのは何も言わずにじっとしています)、そしてあと12の空港が拡張または建設中だということです。知らなかった…。

では4Eや4Cはというと、もう「4」がつく空港はありすぎて数を計算しているのが大変面倒になり、世界のWikipedia、中国の百度百科、ということで百度百科に書いてある数字をコピペします。それによると「4E级机场25个、4D级机场35个、4C级机场58个」だそうです。4Cあたりになると行ったことがある空港は僅か一つしかありません(延吉)。

2030年までには世界最大の航空市場となる中国。様々な予測が複数の角度から出ており、それぞれの数字はかけ離れいてますが、あと20年で約3000機必要だという話があったり約6000機が必要だといっていたりします(Boeingの予測など)。もっとも、大きな方向性には間違いはありません。国土の広さ、人の多さからすれば、航空機はさらに日常的に使われることになります。この10年でも十分に中国は変化しました。次の10年ではさらに劇的な変化でしょう。しかし、こうした予測をもとに考慮したとき、中国の管制システムや航路・空域、セパレーション、そもそもパイロットの数などが追いつくのかという課題が指摘されています。

大きな空港も決して嫌いではありませんが、出張で飛ぶ身としては着陸してから外に出るまでの時間の効率も重要。大興の出来に期待します。

アジア最大のビジネスジェット市場になる中国

私人飛機 - プライベートジェット専門の雑誌

私人飛機 – プライベートジェット専門の雑誌

空港のラウンジで座った席におかれていた雑誌を手に取ったところ、これが「私人飛機」、即ちプライベートジェットを専門に扱っている雑誌。中国は今後10年で現在の300機強から一気に1000~1200機程度にまでプライベートジェット・ビジネスジェットの市場が拡大するとされていて、仮にこうなるとアジアでは最も大きなビジネスジェット市場となることが予想されています。上海浦東、北京首都などで滑走路を眺めていても、確かに急速にビジネスジェットの利用が増えているなど感じますし、日本にも中国籍の機体の飛来が増えてきていますね。

日本の国土交通省の資料には、このようなデータもあります。

国土交通省 - 我が国のビジネスジェットの現状と課題(平成25年)より

国土交通省 – 我が国のビジネスジェットの現状と課題(平成25年)より

中国のビジネスジェット市場の拡大の可能性については、以下のようにいくつかポイントが指摘できると思います。

  • 国土が広い – 改めて指摘するまでもなく、国土の広さはアメリカにみられるように、航空機産業にとっては重要なポテンシャルの要素です。
  • 超富裕層の移動に、民間の定期便は必ずしも満足感が得られない – 中国国内の定期便は、管制・空港のスロットの問題や全体的なサービス品質の課題などから、大幅な遅延などが日本の感覚と比べるとかなり多くあります。超富裕層にとっては、チェックインから搭乗までに要する時間などはもちろんのこと、空港のセキュリティチェックなどのサービスレベルに対しても不満があるとの意見もあります。
  • 中国は地方も含めて空港整備が進んでいる – 人口数十万規模の地方都市であればほぼ空港があるほか、北京でも北京首都だけでなく、北京市の南にある南苑空港など、複数の空港が存在しています。例えばこの南苑には一部の定期便が飛んでいますが、北京首都と比べて混雑しておらず、ビジネスジェットの利用にも適しています(最も、軍との共用の問題が常に残りますが)。
  • 富裕層の「買い物」対象になっている – 高級マンション・高級車という「買い物」の次に出てくるものとしての航空機の存在が注目されつつあります。まさに上の雑誌はよい例でしょう。
  • 中国企業だけでなく、グローバル企業も中国での経営活動が増加している – 実は中国人だけがターゲットではありません。中国にいるグローバル企業にとっても、国土が広さから、ビジネスジェットを求めるニーズが出てきています。
  • 地方都市 to 地方都市のニーズ – 先に挙げた国土が広いこと、空港整備が進んでいることとも関連性がありますが、四級都市・五級都市クラスになると、地方都市 to 地方都市は決してフライトが網羅されているわけではありません。航空会社ごとにハブ空港もしくは第二ハブ空港を中心としたハブアンドスポーク式のフライトが多く、一度北京や上海・広州などを経由することになります。当然企業幹部にとって効率が良いわけではありません。
ビジネスジェットの価格が載るページ

ビジネスジェットの価格が載るページ

もう一つ。日本と違って、プロペラ機(小型単発機・双発機)中心の市場というよりも、初めからビジネス「ジェット」中心の市場として軽飛行機市場が形成されはじめていて、主要な空港でプロペラ機を見ることはこれもまたほとんどありません。書いていて気づきましたが、調布空港(東京)や八尾空港(大阪)でみるような光景に、今のところ中国で出会ったことがありません。

一方、良いことばかりではなく、課題もいくつかあると考えています。主だった点でいけば、

  • パイロットの確保。特にビジネスジェットのパイロットとして、一定水準以上の経験を積んだパイロットの確保。中国国際航空などには外国人パイロットもいますが(実際にアメリカ人の機長と空港で話したことがあります)、中国国内のフライトが中心になることを考えると、中国は管制が中国語ですから、必然的に中国人ということになります。
  • 機体整備の体制。ただでさえ民間旅客機は増え続けているなか、さらに一気にビジネスジェットが増えることになると、この整備体制を請け負うキャパシティも必要になります。
  • ビジネスジェット用の格納庫、スポットなどの確保。特に格納庫は、主要空港ではこれ以上のスペースの確保は難しく、駐機スペースをどのように各都市で分散させるかもポイントになりそうです。

雑誌の中には、最近毎年開かれている北京国際商務航空展覧会の案内も。9月に北京の首都国際空港の敷地の一部にある中国民用航空飞行校验中心で開催されます。行けたら行きたいな・・・あ、平日か・・・。

2014北京国際商務航空展覧会

2014北京国際商務航空展覧会

羽田空港を一望できる場所

サクララウンジ・スカイビュー

サクララウンジ・スカイビュー

羽田の国際線ターミナルの拡張工事が進み、3月から新たにラウンジが出来ました。特にJALの新しいラウンジはターミナルビルの5階にあり、ここから見ると羽田のターミナルが障害物なしに一望できます。目の前には34L/16Rの滑走路があり、朝の時間帯にはトラフィックが頻繁にありますし、これからまさに飛び立とうとする機体が準備を整えて搭乗を待っています。

今週は北京オフィスで勤務し、週の後半は内モンゴルのフフホトまで出張してくる予定です。(内モンゴルといっても、実は北京から近いのですよ。上空に上がってしまえば実質1時間ぐらいのフライトです)

上海浦東国際空港

上海浦東国際空港

今週は北京から上海、上海から東京でした。上海では2日間で相当なアポイントの数を入れさせていただき、お客様やパートナー様をまわらせていただきました。

昨日(金曜日)は中国のあちこちで天気が大荒れ。上海も午後2時あたりから強風と大雨でびしょぬれ。傘をもっていなかったので薬局に入って買おうとしたら女性ものの折りたたみしかなく、それでも無いよりマシと思って買ったら値札をきちんと見てなくて、49元(約800円)。おおお。たぶん、地下鉄の駅を出たところとかでおじさんが売っているところで買えば15元ぐらいで買えたかも。ただ、どこで買おうにもそもそも強風すぎて、傘は30分で壊れました。

夕方からフライトがほぼ止まっていたようで、夜便で北京に戻るうちの社員たちは飛行機がキャンセルに。彼らは今日(土曜日)の昼の便が最短で取れるということで、結局それを取ったようです。

僕は朝から浦東空港に来て成田便を待ちましたが、前日に飛べずに今日になっているフライトが多く、便名に「FM821A」や「MU271A」と「A」が付いているフライトがたくさんボードに並んでいます。(当日のフライトにもともとFM821という便名があるので、前日から後ろに倒れてきたフライトと一緒にならないように便名にAをつけます。遅延時にはDをつける航空会社もありますね。)

ところがそのような変更となった便が結構多いので、ただでさえバス用のゲートの少ない浦東の第一ターミナルの国際線。どのゲートも「5分刻み」の出発。

僕の便がアサインされていた213番ゲートだと、8:55に済州島、8:55(同時刻)にバンコク、9:00に大阪、9:05にソウル仁川、9:10に成田、という感じ。当然大混乱。中国語では「東京の列はこっち」と言っていますが英語では無いので当然さらにごちゃごちゃに。だいたいこういう時には何か誰かがボムッと爆発するんですが、今日は皆さんギリギリ我慢されていたようで…。