クララオンライン 中国

ABTCの発行枚数推移 - APECビジネストラベルカード

更新日:

ABTCを持つ日本人が増えている

最近ABTCを持っている人が明らかに増えました。北京空港の入国審査レーンで今までは私以外に日本人は同じフライトで一人いるかいないかだったのが、毎回数人は見るようになり、さらに上海では多く見かけることがあります。そこでABTCの発行枚数の推移を調べてみることにしました。

なお、このblogへの流入ワードの上位に「ABTC」があります。さらに、いつの頃からかABTCと検索するとGoogleが私のblog画像を検索結果に表示されるようになったのですが、これが25キロ近く太っていたときの写真であり、毎回検索する度になんともいえない思いであります。中国の入国審査でパスポート写真の違いに「ふふっ」と笑われることもあれば「瘦了吗?」といわれることもありましたが、パスポートが期限前にページ不足となり、めでたく今と同じ顔になりました。

入出国審査の時間が短縮できるABTC(APECビジネストラベルカード)

発行枚数情報の調べ方

外務省に電話やメールをするという方法もありますが、このような質問に答えていただくのに手間をかけていただくことはさすがにと考え、公開情報をあたることにします。そう、たいていの情報は探せば公開されています。宮内庁の御所のネットワーク構成でさえPDFで拾われる時代です。(あれはさすがに非公開にしてほしかった)

各省は予算に対して行政事業レビューをしていて、事業予算に対して執行状況やその成果を公開しています。今回はこれをもとに調べることにしました。ABTCは、「APECを通じた経済関係の発展」との施策に含まれています。

外務省 行政事業レビュー

単年度のレビューシートでは過去5年分のデータしか拾えないため、2017年度の予測も含め過去10年分の数字を整理してみました。

10年で7倍の発行枚数に

整理してみたところ驚きの伸びです。10年で約7倍です(1,100枚→7,300枚)。

ABTC

ABTCの発行枚数を年度毎に整理しました

なお、累計発行枚数は累計3万枚とされていますが、ABTCの有効期間が5年であることと(ただし昨年までは3年)、そもそもパスポート更新によりABTCは再申請の必要があるため、ざっくり計算すると現時点での有効枚数は15,000枚前後なのではないかと推測します。

一方、ABTCを発行する他の国・地域による日本への承認業務は過去52万8千件あるとのことです。日本の累計3万枚と比べて相当多く、ひょっとするといずれかの国・地域に偏りがある可能性もあります(たとえば中国も発行国ですが、発行要件が厳しく、いまだに中国の人で使っている人を見たことはありません)。これはこれでいつか調べてみることにします。

非常勤職員3名の方で申請受付・審査をされている

同じく行政事業レビューによれば、途中までは非常勤職員2名で対応されていたようですが、直近は3名で対応されているようです。一日平均35件程度の申請と、あわせておそらく相当数の海外からの承認業務があると考えると、クラクラきます。ご迷惑をかけないようにしたいと思います。皆さん、申請の際には書類に不備のないように。

-クララオンライン, 中国
-, , , , ,

Copyright© iemoto BLOG , 2021 All Rights Reserved.