大西洋上空からWi-Fi接続

今、大西洋上空でこのblogを書いています。KLMでアムステルダムからリオデジャネイロに向けて11時間のフライト中です。

KLM705便でアムステルダムからリオに飛んでいる最中です

KLM705便でアムステルダムからリオに飛んでいる最中です

日本の国内線ではJAL/ANAでは次々と主要機材から完備されつつある感がしますが、同じく世界でもWi-Fiサービスが拡がっているのが助かります。特に長距離フライトは集中して仕事が出来る時間でもあるのでインターネットのコネクションはお金を払ってでも価値があります。よく以前から「IPが酸素みたいなものなので、繋がらないと苦しくて」なんて冗談いってましたが、ほんとそんな感じです。

先日の北京から羽田への787では初めてJAL便でWi-Fiサービス対応機材にあたりました。787は胴体部分の素材(炭層繊維)の関係で後から穴をあけてアンテナを取り付けるというのが従来機と比べて簡単ではありません。したがってゆっくりと改修が進んでいるようですが、たまたまなのか、ようやく中国便であたってもらえました。(シップのレジを控えようと思ったけども忘れました…)

今乗っているKLMは、Boeing 777-300ERで一機のみ、そしてBoeing 787-9では全てのシップでWi-Fiサービスに対応しているとのこと(Webサイトより)。なお、このAMS-GIG便は時に787-9ではない機材がアサインされていることもあるようです。

blog_klm

しかーし。容量をもう少し増やしてほしいです。。KLMにサービスを提供しているPanasonicのサービスでは20EUROで120Mbyte。実は最初の15分ぐらいでメールを受信したら60Mbyteぐらい使ってしまい、今は一時間すぎたあたりで残り20Mbyteぐらい。提供しているサービス会社によってお値段設定は異なるのですが、JAL便でのT-Mobileのサービスでは割引がきいて3時間で12.95USDでした。

アムステルダム スキポール空港から市内へ鉄道で

アムステルダムにいます。スキポール空港に到着してホテルに移動するために「タクシーかな鉄道かな」と悩み、せっかくだからと思って鉄道で行くことにしました。

blogimg_5201

到着してまず目に入ったのは花屋さん。ヨーロッパの大きな空港はどこでも到着ゲートの前に花屋さんを見かけますが、アムステルダムは特に花が目に付く機会多し! さすが。花束を抱えて自転車で走ってる男性を見かけましたが、なんとかっこいいことか。

blogimg_5206

到着ロビー直結で鉄道駅。まず鉄道。タクシー乗り場よりバス乗り場より近いところに鉄道。

blogimg_5208

チケットは自動販売機。クレジットカード払いにすると手数料が少し追加でとられると書いてありました。時間指定はなくて、どこに行くのか、人数、一等/二等を選ぶだけ。初めてでもかーんたん。

blogimg_5210

改札口はないのでそのままエスカレーターで降りると地下ホーム(1-2番線)。15分おきと書いてあったのでダイヤを見て乗ろうとしましたがその時間通りにきているわけではなく、来た電車にのるという感じ。ちょっと写真撮りたかったのですがホームにすべりこんできたところだったのでそのまま乗車。

blogimg_5222

車内はこんな感じ。面白かったのがコンセントが窓の上についてるってこと! これだと取れ忘れがなさそう(そういう意味ではないかもしれないけど)

blogimg_5225

アムステルダムセントラル駅。この色の組み合わせ、近鉄特急に見えない!?

blogimg_5226

横にいた近郊路線の総二階建て車両。さすがオランダ。自転車を乗せるステップもしっかりとしたものが用意されてます。これいい。けど、一人で動かせないな。

blogimg_5287

ホテルに荷物を置いて夕食を買いがてら少しお散歩。と、に、か、く、自転車が多い。そして東京のママさんたちみたいに電動アシストなんて使わない。みんなパワフルにノーマルな自転車。そしてちょっとデザインもクラシックなものが多くてかっこいい。右左折するときの手信号は比較的多くの人がきちんとやっている(日本では競技用以外の人でほとんど見ないよ..)。衝突しそうなスピードで交差点に入ってきてお互いよくもぶつからずにーと思うぐらいのスレスレですれ違う。アムステルダム、ほんと自転車が街の中に完全に溶け込んでてステキです。

ところで、空港でMVNOのSIMカード買って、APNの設定をしても「繋がらないなぁ…電波拾ってるのに…」と思っていたんですが、ホテルについてふと、アクティベーションしてなかったことに気づきました。。頭がお疲れ。今回はLEBARAのSIMを買いましたが、LTEでは繋がらなくて(3Gでも辛うじて電波を拾えるというぐらい)、全般的に日本と比べるとモバイルの通信速度は速くないです。ただホテルやカフェのWi-Fiは充実しています。

ところでLEBARAのWebもマニュアルも、オランダ語と英語の次がポーランド語なのはなぜだろう。
それでは、さらに続きの旅に向かいます!