日本人が乗ることのできる中国のシェアバイク

身分証が無いので実名認証を突破できない

日本人が中国に行って乗ることのできるシェアバイクサービスは意外と多くはありません。

この理由は実名認証に必要な「身分証」がないこと。パスポートで実名認証を認めているサービスは限られており、以下に整理しました。

どうであれ中国の携帯電話番号とAlipay/WeChat Paymentは欲しいところ

いずれも中国のアプリで乗る場合には、利用料の支払いだけでなくデポジットの支払いのためにAlipayやWeChat Paymentとの紐付けが必要です。下の表はいずれも中国のストアで配布されているアプリを前提にしています(mobikeやofoの場合には日本や香港のAppStoreやGooglePlayで配布されているアプリがあります)。例えば、もし日本の方が中国のAppStoreで落とそうとする場合、中国の住所でのApple IDの取得と、ストアの変更が必要です。

さらに、中国のアプリですので、中国の携帯電話番号がないとユーザ登録自体に進むことができません。出張や旅行で中国でのシェアバイクを楽しむためには空港などで中国国内用のSIMカードをぜひ買ってください。

日本の携帯電話番号では無理

日本の携帯電話番号では無理

mobikeの日本のアプリで乗るのがもっともハードルが低い

日本人が現地でシェアバイクを乗るために一番簡単な方法として、mobikeの日本のアプリを落として、デポジットとチャージを予めクレジットカードで払っておく方法があります。(なおWeChat Paymentから支払うとなぜか1元で済むところが16元引き落とされます。たぶんプログラムのミス。2017.10.18現在)

mobikeであれば、シェアバイクが展開されている「大きめの都市」であればほぼ見つけられますから、これがまずは第一段階でしょう。

日本人が乗れる中国のシェアバイク一覧

日本人=外国人がパスポートで乗れるという意味で整理しています(同じく2017.10.18現在)。

サービス名 サービスの種類 日本人でのライド可否
mobike 自転車
ofo 自転車
bluegogo 自転車
youon
(永安行)
自転車 ×
享騎電動車 電動車 ×
mango
(芒果电单车)
電動車 ×
mebike
(小蜜共享电单车)
電動車 ×
DEER BIKE
(小鹿单车)
電動車 ×
7号电单车 電動車 ×
99bicycle
(赳赳单车)
電動車
便利蜂 自転車 ×
FOREVER
(永久智能车)
電動アシスト ×

まだ大量にサービスがあるのですが、書く時間があるときに追加しておきます!

デポジットの返金が・・というのも

サービスによっては、デポジットを払ってからでないと実名認証が外国人でいけるかかどうかがわからないものもあります(なかなか怖い)。

先にデポジット・・か・・・

先にデポジット・・か・・・

9月には、北京の酷騎単車という会社で、デポジットの返金が滞りユーザがオフィスに行ってみたらもぬけの殻だった、という「事件」もありました。

シェアバイクに限らず中国のシェアリングサービスのほぼすべてでは、デポジットの返金は瞬時にはされません(早くて翌日。遅いと1週間)。もうこの後使わないなと思うサービスについてはアプリ上で返金申請をし、きちんと返金されているかどうか確認をしておきましょう。

パスポート番号

パスポート番号は変えたくない

 パスポートのページがいっぱいになり更新した。2010年からなので7年。増補によってページを増やし、さらに最近は、空いているスペースに押してとあえて頼むようにしてきた。国によってはそう言わないとページを無駄に使う押し方をする審査官がままいる。ページの真ん中に、しかも斜めでドーンと。ネット上では「鉛筆でスタンプの枠を書いてそこに押してもらう」というアイデアの人もいて、工夫の深さに驚いた。入出国の記録をスタンプで残すために自動化ゲートは使ってこなかったが、それでも今年に入ってからは諦めて自動化ゲートを使うようにしてきた。私の場合、中国のビザがある程度なのでビザがベタベタ貼られてページが足りないわけではなく、ただひたすら行き来を繰り返してくることによる。眺めてみるとこのパスポートになってからは大半が中国だが、それでも色々な場所へ行かせてもらった。
 
 スタンプの押し方をお願いするほどパスポートを長く使い続けたかった理由はいくつかある。パスポート番号が変わるのが大変面倒だからだ。書き換えなければならない先が多すぎるし、正直すべては覚えていない。例えば仕事では、海外の子会社における登記ではすべてパスポート番号が紐づいている。変更があった場合には速やかに届ける必要がある。実名認証が厳しくなってきた中国の場合にはさらに色々とある。役所、銀行、携帯電話の登録などが全部変わる。パスポート番号は航空会社に予め登録している場合もあり、ここでも漏れなく書き換えておく必要もある。航空会社によっては、名前のスペルが違うのと同様、最悪の場合には搭乗できない。

 このblogでも触れているABTC(APECビジネストラベラーズカード)も同様である。パスポート番号が裏面に印字されている。私の場合、ABTCの有効期限が先にきたため更新したのだが、今度はパスポートのページが足りなくなり、結局ABTCは再度更新。審査のプロセスは変わらないのでまた6ヶ月程度は待たなければならない。お預け。

昔は複数のパスポートをシールとリボンでくくりつけられていた

 実は、昔はパスポートをシールとリボンのようなもので複数冊くくりつけ、分厚い束のようにして持ち歩くこともできた。これを「合冊」という。離れないようにシール(契印)のようなものがなされる。これは入出国を頻繁に繰り返す地域などで特に意味があり(ページ数があっという間に枯渇する)、ビザをそのまま使い続けるためである。制度が変わり1990年4月施行の旅券法2次改正でこの方法は消滅したが、「合冊」時代でもパスポート番号は新しくなっていたようだ。ただ、古いパスポートに貼付されているビザとの連続性はこれによって証明しやすいため一定の利便性はあった。

 なお、今ではページの追加(旅券法では「査証欄の増補」という)のみが認められている。この増補も当初は16ページだったが24ページとなり、最終的には2001年に現在の40ページ追加になっている。旅券法の変遷は、日本人の海外渡航の歴史と重なるところが多く大変面白い。

 これを書きながら、ふと、いわゆる「イスラエル用パスポート」の人はどうなっているのだろうと気になった。特定の国のパスポートのスタンプがあると特定の国には入れない、という事情が世界にはある。イスラエルと大半のアラブ諸国・イラン、というように。日本政府はこの事情がある場合、メディアなど特定の職業の方に二つのパスポートを発行してくれていた(この仕組みは今もあるのかは不明)。その代わり片方のパスポートには「渡航先の制限」の欄に国名が書かれている。このとき、二つのパスポートのパスポート番号は別だったのだろうか。

フライトのときにパスポートだけはポケットにいれている

 ひとつのパスポート番号と「お付き合い」できる時間は最長10年。私のように更新するのが面倒だという人はおそらく5年パスポートは取らないと思うのだが、それでも渡航回数が増えると期限前に更新せざるをえない。さて、パスポート番号というものは更新よって変更しなければならない合理的な理由が果たしてあるのだろうか。今のパスポートの制度が出来たときと異なり、外国への渡航は極めて容易になった。また、マイナンバーカードができ、色々な指摘はあれど「背番号制度」は出来あがった。私はエストニアのe-residencyをとったが、「背番号制度」と呼ぶのか「便利なID」だと思うかはそれぞれ。パスポート番号の生涯利用はどこかで検討されたことがあるのだろうか、知りたいところである。

 昔、ある国に行った時に、入国したところで「パスポートを預かる。出国時に返す」と言われた。あまり頭が回っておらず言われたとおりに渡したが、中東などの危険地域であってもそのような話は聞いたことがない。むしろパスポートを渡してしまったら自分を証明する手段がなくなる。今から考えるとなんと危ないことをしたのかと。

 ところで、別に腹巻タイプのケースにいれて肌身離さずまではないが、国際線に乗るときだけはポケットに入れるようにしている。以前、緊急脱出を経験した人から聞いた話で、荷物は持てないので何か一つあるとすればパスポートだよと言われて以来、なんとなく。

 さて、今回のパスポートにはどのような旅をさせられるのだろう。