北京で第22回日中企業合同面接会に参加しました

昨年は4名を採用

先週土曜日に開催された「第22回日中企業合同面接会」に北京で参加しました。私自身は昨年に続いて2回目の参加です。昨年の面接会を通じては東京本社で2名、中国法人(北京)で2名の新卒者を採用しました。北京・河北省・天津などを中心にした大学の卒業予定者と、一部の既卒者の方たちが毎年大勢来場されました。

1日に60-70人ぐらいとの面接

9時から16時の7時間。周囲にはANAさん、イオンさん、丸紅さんなどのブースも並ぶ中、クララオンラインは決して中国で知名度が高いとは言えませんが、面接が途切れることはほぼ無くずっと面接を続けました。私含めて4名が面接者として参加し、1人あたり5分から10分程度、まずは自己紹介をしていただいたあとに質問をするという形式をとって皆さんのお話しを伺いました。ほぼ全ての人は日本語が大変上手な今年卒業予定の人ですが、中には大学2年生で将来日本のIT業界で働きたいという学生さんにもきていただきましたし、午後になると既卒者(中途採用)の方も多くこられました。

中国も日本と同じように人材紹介のシステムはありますが、皆さんにとっても多くの企業の話しを直接聞いてみたいでしょうし、我々採用する側にとってもできるだけ多くの候補者の方と会うチャンスがあることは貴重です。

とにかく女性が多い。

普段北京で採用をしていても圧倒的に女性の履歴書が多いのですが(20名中1人が男性、というぐらいの比率)、今回も当社のブースに足を運んでいただいた方の9割は女性だった印象。背景には色々とあると思いますが、なんしても女性比率が極めて高いのです。現実的には今や通訳や翻訳の専門家として働くという道(昔は日中で仕事をするときに通訳・翻訳というのは大変な花形だった仕事の時代があったと聞きます)よりは圧倒的に普通に企業の中で働くことのほうが増えてきているわけですが、これからも大きくは変わらないのかもしれません。

今回印象的だったことのいくつかを挙げると、一つは幼少期に日本で過ごした経験がある人たちの数が増えたこと。小学生ぐらいまで日本でした、という方が何人かいらっしゃいました。これは確実世代を経ることに増えるでしょうが、今から15年ぐらい前から徐々に中国人で日本に留学し、そのまま日本で働くという人が増えており、そのとき子どもだった世代が大人になりはじめているということになります。

もう一つは帰国理由。日本に留学していたが帰国した、働いていたが帰国した、という人の帰国理由の100パーセントが「親から帰国するように言われて」「親のことが心配になり」というもの。今までももちろんこのような理由は最も多い状況は変わりませんでしたが、今回は帰国理由の100パーセントでした。私などからすれば「そこまで日本で勉強して、日本語もできるようになり、ちょっともったいないな!」と思うわけですが、一人っ子世代、そして90后(90年代生まれ)の世代の意識を考えるところの一つの重要なポイントではあると思います。

中国と日本に絞る戦略の上で

クララオンラインは2020年までの戦略の中心を中国と日本のクロスボーダー領域にビジネスを絞り、この領域で成長していこうとしています。架け橋になる人材が、営業、コンサルタント、エンジニアなどあらゆる職種で活躍してくれるように、引き続き採用を頑張ります!

クロスボーダーのクラウドエンジニアをWanted!

日本から飛び出そう!

Wantedly での採用活動をはじめました! 第一弾はクロスボーダーのクラウドエンジニアの募集です!

国籍はもちろん一切問いません。「いきなりクロスボーダーっていってもな。海外っていってもな。」と考えているアナタ。そもそも”The Internet has no border”。私たちのいる世界がそもそもクロスボーダー。その中でクララオンラインは中国と日本という「難しいけれども橋を架ける価値のある国と国」の間にテクノロジーとナレッジの強みをもって仕事をしています!

北京で日系企業合同面接会に参加しました

先週土曜日、クララオンラインは北京で開催された日系企業合同面接会(中国日本商会主催)に参加しました。

いわゆる一括での新卒採用活動は東京では数年前に取りやめ、第二新卒やキャリア採用に限ったリクルーティングを行っています。これは、新卒といっても当社の場合、そもそも4月入社に限らず、また留・遊学などを経て入社するケース、そして外国籍社員の場合には年齢が25~30歳であることも多いという過去のケースから、マス向けの新卒採用に並んでも効果的ではないう判断からです。ただ北京では新卒採用を続けていたこともあり、今回は東京と北京の採用の両方を想定しながら参加してきたところです。

私と中国人社員で一組、そして別の社員2人で一組と計2組で面接にあたらせていただき、夕方までにおよそ70名ぐらいの方のお話しを伺ったと思います。大変優秀な学生さんが多く改めて驚いたほか、日本人で北京に留学されている方にも何人かお会いしました。

が! 横はANAさんとJTBさんのブース。斜め前はトヨタさんのブース。入り口近くにはイオンさん。クララオンラインも9時から16時までの間に面接が途切れることはなかったものの、これらの各社さんの列は閉会ぎりぎりまで続く勢いで、横のJTBさんのブースの担当者の方はおそらくランチ休憩なしのぶっ通し7時間だったのではないかと思います。それぐらいの勢い、でした。

個人的な印象ですが、日本での留学経験がある学生さんの場合、何らか日本でアルバイトを経験していることが多く、そこでの経験、たとえば接客やマナーなどの研修を通じて得たことがある人は、印象が良い意味でやや違うなとも感じました。

お互いにとって良い出会いがあることを期待しています。

新卒一括採用批判だけでなく学校側の変化も必要

実質1日強のシンガポール出張を終えてそろそろ日本に戻ります。今回の出張でやるべきことはひとまずまとまり、少し気持ちが軽くなって日本に帰ります。

日本のテレビを見ていたら、3月に学校を卒業する新卒者の人たちの中でのまだ採用が決まっていないというニュースが流れていました。決して今年だけの問題ではないだろうと考えると、例年と比べてどの程度多いのか、それともそう変わらないのか知りたいと感じました。このblog を長く読んでいただいている方には何度か繰り返しされた話しになってしまいますが、僕個人は、採用のミスマッチは新卒一括採用をやめるだけでこの問題を全て改善することは難しいと考えています。見てください、ベンチャーの企業で若い優秀な人材を求めている会社はたくさんあります。我々も常時採用の窓口はあいています。成長途上の会社は多くある一方、「毎年4月入社」で新卒一括採用という会社の多くは良くも悪くもestablishな大企業、もしくは歴史のある企業で、こういう会社は景気と連動して採用の量を調整します。景気に左右されるのではなくて、調整しているのです。

ところが日本の高校や短大や大学の過程で、いわゆるベンチャーに入って若いうちに色々な経験を身につけるという(このコースは成長面でのリターンも大きければそれなりにリスキーですが、リスクも説明した上での)人生コースをあまり見せたり説明することがなく、なんとなく地方の大学の就職窓口では相変わらずベンチャーっぽい雰囲気は敬遠されるし(景気が悪くなった途端にこちらを向かれるのも困ったものだけど!)、やっぱりどの有名な企業に何人入ったかで大学の就職の力を説明する傾向が残っています。極端ですが、こういうベンチャーの経営者を輩出した、とか、こういうベンチャーに学生が何人就職した、とか、そういうのを就職実績の欄に儲けてに大学が書くようにならないと、いつまでたってもミスマッチが残り続けます。社会はこういう採用動向だと企業側の新卒一括採用を一義的にまず批判するわけですが、そもそも学校側の就職窓口がどの程度いまの時代にあわせて変化してきているかということももっと注視すべきだと思いますよ!

ところで、さきほど、KLからシンガポールの帰りのフライトが2時間半も遅れたのですが、ターミナルでは残念ながらほとんど説明がなく、仕方ないのでそれこそiPhoneでこの便に使われる機体がどこから飛んできているかを調べながら遅れを推測していました。Twitterにも書いたようにこのフライト、片道日本円で300円弱だったので、「やっぱりLCCは安かろう悪かろう」か、と思って、少し悲しくなりながら飛行機に乗ったのですが、ドアクローズの途端、キャプテンがとにかく繰り返し遅れを詫び続け、さらにその詳細を伝え始めました。日本の航空会社でよく聞くようなかたちだけのお詫びではなくて、「バンコクを何時間遅れて飛びシンガポールに着いた段階で遅れており、さらにその遅れを取り戻せないままシンガポールから出るのに11機も滑走路の手前で離陸待ちとなり、KLでお待たせしていた皆様には本当に申し訳ない、、」と。言い訳がましく聞こえなかったのもよかったですが、乗る前にがっかりしていた気持ちはこの機長の声から伝わる誠意でチャラになりました。しかも気持ちよかったのは、シンガポールについてからターミナルの中で、この便のCAさんたちがいるところにキャプテンが来て、フライトが全て遅れて申し訳なかった、ということを伝えていたのを横で見れたこと。この人のせいではないだろうに、それでも関わる人の全てに「遅れて申し訳ない」という気持ちを丁寧に伝えられる人はすごいなぁ、と思い、自分も見習わなくちゃと思った一日の締めくくりでした。