MobikeとOfo以外に勝ち目はあるのか – 中国のシェアバイク

勝ち目のない競争に突っ込んできていないか

中国のシェアバイク(自転車のシェアリング)は完全に混沌としてきました。Mobikeは2000万利用/日を突破、その少し前にはofoが1000万利用/日を突破、という、頭がクラクラするような数をさっさとクリアしてきています。

最初に少しだけ冷静に考えてください。人口が多いから利用数が多い、とはあながち言えません。10:1ぐらいの人口比として日本での様子が想像できるかといえば、日本で1日にシェアバイクが100万利用される姿は到底想像できません。この1年で中国の移動習慣が明らかに変化してきたのです。急速に。劇的に。写真ではどうやっても伝わらないぐらい。

一方でそんな資本力勝負の市場に未だに新しいプレイヤーが毎月参戦してくるという、「さぁ君はどのような勝ち目をもって参入してきたんだ」と聞いてみたいぐらいのわけのわからない状況です。そろそろ自転車のカラーバリュエーションが会社間で被り始めてる気もします。黄緑とか!黄緑とか!!

MobikeとOfoに絞られるのではないか

さて、ここにきての私の疑問は、MobikeとOfo以外に誰に勝ち目があるのかということです。この1ヶ月弱の間でも北京の街の中には「Unibike」「U-bicycle」など3社の自転車が出てきました。

Unibike

U-bicycle

酷骑単車(Coolqi)

概ね全国で3番手に位置しているとみられるbluegogoは、少し前から「bluegogo pro」という、何がproだかは正直何もわからない自転車もばら撒き始めています。Ofoの最新型とほぼ同じ印象だけど、デザインが好きなので許す!

bluegogo pro

先月、決済と利用を一本にする仕組みが2社から立て続けに発表され、「アリババ一派とOfo」、「Tencent一派とMobike」という組み方になった時点でほぼ固まったと思います。もちろんここまできたとしてもタクシー予約アプリのように「最後は一つ」という固め方もあるので油断はできません。(ちなみにbluegogoやU-bicycleなどもアリババ側に)

3位以下はどうなるのか

北京は北京、上海は上海なので、もはやここまで来るとプレイヤーの話は一まとめにはし難いものの、中国全体でみるとMobike、Ofoは勝ち抜けられる位置まできました。そこにさぁ次点で誰かが残れるのかというと3番手ぐらいまではありうるでしょうが、上にあげたUnibike、U-bicycleなどのような新興プレイヤーの勝ち目はどう考えても見えないのです。押金、つまり保証金を無料にするといったことではユーザはなびかないし、価格設定も既にギリギリのところ。もはや競争するポイントが無いわけです。さらに2番手と3番手の差も大きく開いています。

一方、「ユーザを囲うだけ囲って、マネタイズする手前で他社へ売却」というシナリオが当てはまるかどうかも考えてみる必要があります。ここで考えるべきは、ユーザの利用実態です。様子をみていると MobikeかOfoだけ、もしくはMobikeとOfoだけという人は結構いますが、例えばbluegogoだけという人はほぼ見かけません。あくまで3番手以下は(目の前にそれしか自転車がないときの)予備的位置づけ、またはあればそっちに乗るという好みでしかなく、MobikeかOfoのアカウントも持っていた上でbluegogoも乗ってる、とみられます。

とすると、こうした3番手以下の企業を上位が買い取る必要性は積極的には考えにくく、むしろ「他社に取られないために買う」意義があるかないか、というぐらいではないでしょうか。しかも一度ばら撒かれた自転車を回収する意思があるとも考えられません。ブランドを統一するコストを考えれば、買った会社の自転車はそのまま放置したほうがきっと安いでしょう。

今後の予想

ということで私の勝手な予想では、あと数ヶ月で倒れ始める会社が出始め、今年の年末には潰れた会社の自転車は野ざらしになり、勝手に使われ、一方でユーザのエンゲージメントに成功しマネタイズしきれるのは2社、とよみます。個人的にはOfoの乗り心地、そしてサドルの高さを変えられるのが大変好きなのですが、アプリの出来具合は明らかにMobikeが上。頑張れOfoであります。

一帯一路の大きな会議が間もなく開かれる北京。各国首脳などが泊まるホテルはセキュリティの準備がされつつあります。まさか街の中から自転車をきれいに撤去できるわけはなく(それでも会場周辺はきれいにするのでしょう)、どこかの首脳が見て「あれ何。これうちの国でもできる? 」みたいなノリもあるんではないかと前向きに期待してみたり。

中国のサイバーセキュリティ法に関するセミナーを開催

先般、クララオンラインと富士通クラウドテクノロジーズ(ニフティクラウド)及び中国電信日本の共催で、中国のサイバーセキュリティ法に関する実務面のセミナーを開催しました。

6月1日のサイバーセキュリティ法の施行に向け、特に中国国内で提供を受けた個人情報の国外への持ち出し(越境移転)などについては重要なテーマが多い一方、日本国内では具体的なセミナー等が多くは開催されておらず、特に中国国内で事業展開をしている日本企業にとってはシステム面の対応をどのようにすべきか課題が多く残されています。

今回のセミナーでは、私からまず中国のサイバーセキュリティ法の公布までの約2年間の中国国内での議論や法制化に向けた背景などをご説明した後、現在パブコメ等が出始めている「ネットワーク機器やネットワークサービス等のセキュリティ審査」「越境移転に関するルール」等がどのように着地するのかという方向性についてお話しをしました。また、これらを踏まえて日本企業は現時点でどのようなアセスメントを行うべきか、対応策の候補にはどのようなものがあるかといった実務面でのご説明をしました。

(セミナー資料から一部抜粋)

(セミナー資料から一部抜粋)

一方、中国電信(China Telecom)の日本法人である中国電信日本の杜社長からは、中国電信自体のグローバルネットワークのご紹介をいただいたあと、クララオンラインとの業務提携を進めてきた中でどのようにネットワークサービス面で中国と日本との接続性を改善してきたかなどについてお話しをいただきました。

ここまで踏み込んだセミナーは日本ではまだ多くはみられず深度のある内容だったと自負しており、実際会場からの質疑も活発にいただくことができました。

6月の施行に向けて、複数回このようなセミナーを開催していく予定ですし、また恐らくは6月1日までには全ての弁法・実務手続きが明らかになることは間に合わないだろうと予測していることから、サイバーセキュリティ法に関連する実務は継続的にフォローアップをしていきたいと考えています。

北京で第22回日中企業合同面接会に参加しました

昨年は4名を採用

先週土曜日に開催された「第22回日中企業合同面接会」に北京で参加しました。私自身は昨年に続いて2回目の参加です。昨年の面接会を通じては東京本社で2名、中国法人(北京)で2名の新卒者を採用しました。北京・河北省・天津などを中心にした大学の卒業予定者と、一部の既卒者の方たちが毎年大勢来場されました。

1日に60-70人ぐらいとの面接

9時から16時の7時間。周囲にはANAさん、イオンさん、丸紅さんなどのブースも並ぶ中、クララオンラインは決して中国で知名度が高いとは言えませんが、面接が途切れることはほぼ無くずっと面接を続けました。私含めて4名が面接者として参加し、1人あたり5分から10分程度、まずは自己紹介をしていただいたあとに質問をするという形式をとって皆さんのお話しを伺いました。ほぼ全ての人は日本語が大変上手な今年卒業予定の人ですが、中には大学2年生で将来日本のIT業界で働きたいという学生さんにもきていただきましたし、午後になると既卒者(中途採用)の方も多くこられました。

中国も日本と同じように人材紹介のシステムはありますが、皆さんにとっても多くの企業の話しを直接聞いてみたいでしょうし、我々採用する側にとってもできるだけ多くの候補者の方と会うチャンスがあることは貴重です。

とにかく女性が多い。

普段北京で採用をしていても圧倒的に女性の履歴書が多いのですが(20名中1人が男性、というぐらいの比率)、今回も当社のブースに足を運んでいただいた方の9割は女性だった印象。背景には色々とあると思いますが、なんしても女性比率が極めて高いのです。現実的には今や通訳や翻訳の専門家として働くという道(昔は日中で仕事をするときに通訳・翻訳というのは大変な花形だった仕事の時代があったと聞きます)よりは圧倒的に普通に企業の中で働くことのほうが増えてきているわけですが、これからも大きくは変わらないのかもしれません。

今回印象的だったことのいくつかを挙げると、一つは幼少期に日本で過ごした経験がある人たちの数が増えたこと。小学生ぐらいまで日本でした、という方が何人かいらっしゃいました。これは確実世代を経ることに増えるでしょうが、今から15年ぐらい前から徐々に中国人で日本に留学し、そのまま日本で働くという人が増えており、そのとき子どもだった世代が大人になりはじめているということになります。

もう一つは帰国理由。日本に留学していたが帰国した、働いていたが帰国した、という人の帰国理由の100パーセントが「親から帰国するように言われて」「親のことが心配になり」というもの。今までももちろんこのような理由は最も多い状況は変わりませんでしたが、今回は帰国理由の100パーセントでした。私などからすれば「そこまで日本で勉強して、日本語もできるようになり、ちょっともったいないな!」と思うわけですが、一人っ子世代、そして90后(90年代生まれ)の世代の意識を考えるところの一つの重要なポイントではあると思います。

中国と日本に絞る戦略の上で

クララオンラインは2020年までの戦略の中心を中国と日本のクロスボーダー領域にビジネスを絞り、この領域で成長していこうとしています。架け橋になる人材が、営業、コンサルタント、エンジニアなどあらゆる職種で活躍してくれるように、引き続き採用を頑張ります!

クロスボーダーのクラウドエンジニアをWanted!

日本から飛び出そう!

Wantedly での採用活動をはじめました! 第一弾はクロスボーダーのクラウドエンジニアの募集です!

国籍はもちろん一切問いません。「いきなりクロスボーダーっていってもな。海外っていってもな。」と考えているアナタ。そもそも”The Internet has no border”。私たちのいる世界がそもそもクロスボーダー。その中でクララオンラインは中国と日本という「難しいけれども橋を架ける価値のある国と国」の間にテクノロジーとナレッジの強みをもって仕事をしています!

穂の国・豊橋ハーフマラソン2017を走りました

今シーズン4本め

今年の4本目のマラソンです(熊本城・東京のフル2本とハイテクハーフマラソンのハーフ)。地元愛知ということもあってお世話になっている方たちが多く走られるのに後ろからくっ付いてきました。

本当はあと2本エントリーしていましたが、埼玉は体調不良で欠場、萩石見空港マラソンは仕事が重なりキャンセル。来月、もう一本走りに行きます。

走る前の準備

まず、このマラソンはどうも天候に恵まれていないらしく(聞いてみると、昨年は晴れたもののその前はしばらくずっと雨。)今回も、前日土曜日の豊橋の夜は小雨。駅前の気温表示も9度を示していて、土曜日夜時点の天気予報は降水確率60パーセントでした。午前中は降らない予想でしたが、念の為ということで前日夜に駅前のコンビニで貼るカイロを2枚、レインコートを一つ調達して臨みました。

朝ごはん用にコンビニでおにぎり二つと、カゴメの「カゴメ 野菜生活100 Smoothie 豆乳バナナMix」。このジュースがうまいんです。スムージータイプの330ml。最近ずっとはまってます。カゴメのWebサイトでは女性ターゲットなのかなという書かれ方をされていますが、私はそんなことは気にせず愛飲しております。

(結局、スタート地点の荷物預けのところでバナナが配られていたものを1本お腹にいれ、結構たぷたぷでスタートしました)。

当日の朝

豊橋駅から市電で10分ぐらいの距離にスタート地点があり、私は初めてだったので市電で行くことにしていましたが、当日の様子を見るとアップのためにか駅から歩いている人もいます。ただ、圧倒的に市電利用の人のほうが多い様子。増発しているのかどうかは分かりませんが、豊橋駅の電停には係員の方が立たれ、少し並びましたが5分弱に1本ぐらいは出発するペースでしたので市電利用で全く問題ありません。

最寄の電停から会場までは徒歩5分程度。荷物預けまでの道順が特に具体的には示されておらず最初少し迷いましたが、地図を見て、人の流れを追いかければ大丈夫。スタート一時間前ぐらいに会場につきましたが、荷物預けが整列の10分前(9時40分整列、9時30分まで荷物預け)まであいているのが助かります。ギリギリまでウィンドブレーカーをきていました。この時点で小雨がふっていてだいぶ冷えてきましたが、困ったのは待っている間に靴の中に水が入ってきてしまい、そのせいでより冷えてしまうこと。私は荷物預けのテントの中で静かにしていましたが、雨宿りできる場所が多くないこともあり、雨模様対策でテントをもう少し多く設置していただくと助かります。

一方、公園内がスタート地点なのですがその大半は舗装されておらず、走る前に既に泥で足元はぐちゃぐちゃに。こればかりは仕方ないですが、水溜りも多くできてしまっていたことから導線を工夫する余地があれば有り難いです。

スタート前

全部で5000人の大会のためあまり大きな混乱はありません。雨だったこともあって皆さんの出足は比較的ゆっくり。見ていると9時40分の整列締め切り後もパラパラと列に入ってくる人がいて、完全に最後尾にまわれというオペレーションをしているわけではなさそうでした。

なお、スタートのゾーンはAからFに分けられていますが、私のいたDでも号砲からスタートまでは3分弱。Fでもプラス2-3分程度だったぐらいではないでしょうか。

せっかく市長やゲストが話しているのですが、整列のために使っているスピーカーの音でほぼかき消されてしまっていて、残念ながら後方ではあまりうまく聞き取れず。全体向けのスピーカーと声の使い分けはうまくしたほうがよさそうです。

走ってみた感想

あまりアップダウンが多くなく、折り返しの10キロまではいつもより速いペースで。応援の声も気持ちいいですし、地元で走っているランナーさんが多いせいか回りの声援を聞いていると知り合いとたくさん出会っている様子が聞こえてきます。私はビールのコスプレをした4人組の方が6分前後ぐらいのペースだったためその方を見ながら3キロ地点から12キロ地点ぐらいまでほぼ後ろについて走りました。

後半になると途端に細い道に入ったり、さらにびっくりしたのはなんとコースが「歩道」という場面も。横に車道が片側一車線ずつの道路がありましたが恐らくこれが何らかの理由で規制できなかったんでしょう。走りながら「あれ、これ今、歩道がコース!?」とちょっとだけ驚きました。

エイドはミニトマトといちご。去年までは提供数が足りなくなるということもあったようで、今年から用意した量を増やしたということでした。私は6分弱ぐらいのペースで走っていましたがこのぐらいであれば十分に残っています。水やスポーツドリンクもボランティアの方のてきぱきとした動きでスムースに受け取れました。

後半、堤防に一気に駆け上がる急な坂があったり、あぜ道をクネクネと曲がる場所がいくつか出てきたりしましたが、これも地方のマラソンのある意味楽しみ。日常の生活場所をお借りしてその中を走ることができますので街がとてもよく分かります。地元の高校生でしょうか、二人組であちこちで沿道サポートをされていました。(あれ、逆にほかのマラソンで見かける消防団の人の姿は見なかった気が。)

ラスト一キロからはコース両側で応援が繰り広げられます。ダートなのがきついという口コミを見ていましたが、私はそこまで気になりませんでした。

また走ります

コンパクトな大会なわりに走りやすいコースが中心で、気持ちのいい走りができました。ミニトマトといちごのエイドに釣られ、来年もまたきたいと思います。

ビフォーアフター – 3年前と今との顔のカタチの違い

顔のカタチが変わりました

先日、プロフィール写真を新たに撮っていただきました。
この2年ほどの運動習慣で急速に体重が落ち、特にこの1年ではジーンズのウエストが5インチ、シャツの首周りが5cm、選ぶ服のサイズはアメリカンなものではXLからSかXSになりました(本当)。

では、ご覧いただきましょう…その違いを…。

iemoto BLOG
これがおよそ3年前のワタクシ。


2017年3月現在のワタクシ。

ピークから25キロほど体重は落ち、昔のプロフィール写真はほぼ何も使えなくなりました。

Google画像検索をすると(しないでくださいよ)昔の本当にキツイ写真がたくさん残っておりますが、ワタクシの過去の写真などは最高裁のいう「公共の利害に関する」ものでは決してないと思われますので、ぜひとも「忘れられる権利(right to be forgotten)」を主張したいものであります。

「男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会」の最終報告書

「男性」を変えるためのまず第一歩

昨年から議論を続けてきた「男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会」の最終報告書がまとまり、内閣府のWebサイトで公表されました。

男性の暮らし方・意識の変革に向けた課題と方策~未来を拓く男性の家事・育児等への参画~

この専門調査会は昨年の男女共同参画会議で設置が決定され、私を含めて11名の委員で議論を続けてきました。この専門調査会が設置される前後で乳児用液体ミルクについての報道が増え、さらにこの専門調査会で国としての最初の議論をすることになったこともあり、一度は会議に今まで(専門調査会では)見たことがないぐらいに報道の方が入られるということもありました。

報告書の本文は31ページとコンパクトにまとまっていますのでぜひ全文読んでください。男性の家事・育児の参画状況がどのようになっているのか、共働き世代が既に6割を超えるなどの社会構造変化に直面する中で男性が関わることの必要性が高まっているという背景の整理からはじめ、その意義、施策の対象をどこに絞るのか、課題、取り組みという順番で整理されています。

議論全般は委員の皆さんのご協力で大変ロジカルに進めることができ、「誰を対象に議論するのか(フォーカスを絞る)」「背景・意義・課題・施策のサイクルをどこまで考えるのか」などを早い段階で整理することができました。ともすればこのような会議は発散してそのまま帰ってこないなんてこともなくはないのですが(!)、具体的な施策などの前に議論すべきなのがそもそもの背景と意義だ、ということでこの専門調査会では扱うポイントを絞った分、不慣れな進行役の私でも何とか乗り越えられました。改めて委員の皆さんのご協力、ご理解に大変感謝です。

そしてその具体的な取り組みについては、このあと同じく男女共同参画会議の下におかれている重点方針専門調査会にて施策の議論として進められることになっています。当然、今後の予算要求にも繋がっていきます。

メッセージは3行だ!

ところで、委員を引き受けていただいたファザーリングジャパン理事、コヂカラ・ニッポン代表の川島高之さんからは「国がつくる長い報告書などは民間は誰も読まない。説明するならば3行メッセージ!」というお話しをいただきました。一方で、国が出す報告書のサマリーが3行というわけにはやはりいかないので、最後に個人的にサマライズしようと思います。

もっとも、私のまとめ能力では3行にはなりませんでした…。それでも短くと思い要約するとこうなります。

自民党のPTに

この報告書の最終の取りまとめの会議後、たまたま直後の時間で自民党のPTに呼んでいただき「なぜ男性の家事育児参画が必要なのか」「これを推進する意義は何であるのか」「女性活躍、働き方改革とは切り離せないのはなぜか」という話をしに伺いました。

そのような場を設けていただいたことはとても光栄ですし、まずなにより政権与党が男性の家事育児参画を考えること自体一つ前進です。しかし一方で驚きもありました。例えば、私のようにずっと議論に関わる者にとっては当たり前に知っている(育児休暇の)指数であっても、国会議員の方々の中には触れたこともおありでなければ肌感覚もおありではない数字もあるのだと知りました。即ち、国民に広く、という前に永田町でまず広く、というところにも課題は眠っているわけです。

『男性の意識改革は、女性活躍・働き方改革と表裏一体』。いずれにしてもとにかくこれに尽きます。バラバラの議論、いきなり出てきた話ではなく、男性の働き方、男性の暮らし方、その意識を変えなければ、女性活躍や働き方改革の話も進まないというぐらいに密接な関係です。

男性の育休。取ろうかどうかではなく、取れ。

ところで先日、当社の株主に決算報告に行ったところ、担当者の男性の方がその会社で初めて(設立50年ぐらいの歴史)育児休暇をとられていて、上司の方が代わりにこの報告を受けていただきました。上司の方が育休取得を大変好意的に話されていて、それを聞いて本当に嬉しくなりました。ステキです。自分でも取りたかったな!、という一言がさらに本音を感じました。もちろん、ご本人は前例が無いところを切り開いちゃったのでさらにステキです。

そして今日。当社の男性社員の育児休暇申請書が私のところにまわってきました。最初は「取ろうかどうしようか」なんて眠たいことを言っていたので「取ろうかどうしようかではなく、取れ! 」「育休とってみなきゃわからないことがある!」「パパになるスイッチが育休で入るんだ! そこで学ぶことは将来仕事にも絶対プラスに繋がるぞ!」「少しじゃなくてしっかり取れ!」と言っていたら、きちんと考えたようであります。

働き方、女性活躍。そして男性の意識。日本の社会が変わる一歩です。

追記: 中国のレンタル自転車のタイヤ

昨日の朝まで上海にいて、東京にいったん戻ったあと、今日は朝から北京にいます。

昨日書いた「中国のレンタル自転車(自転車シェアリング)事情」の記事のあとに、ふと、mobikeでもofoでも空気を入れずに使うタイヤの自転車があった気がすると思って北京の街で自転車とニラメッコしていたら、やはり発見しました。逆に、ofoの自転車で空気入れのバルブがあるものも同じく発見しました。

これはmobikeの「穴あきタイヤ」バージョン。泥よけがちょっと曲がってるのはご愛嬌。

mobikeの「穴あきタイヤ」バージョン

これはofoの「ノーパンクタイヤ」バージョン。触ってみると普通の自転車のタイヤと比べて少し硬め。空気を入れるバルブはもちろんありません。mobikeもofoも自転車の種類はいくつかのバージョンがあるので、よくよく見てると楽しいです。

ほんと増えましたね。私が最初に北京のオフィスの前あたりで見つけて写真を撮った記録を探ると昨年の夏なので、半年ちょっとの速度でここまで一気に「社会インフラ」になった気がします。

タイヤになに関心もってんだっていう話ですが…。

中国のレンタル自転車(自転車シェアリング)事情

中国の主要都市で次々と各社が参入しているレンタル自転車。30分1元の料金は電子決済、スマホで空き自転車がどこにあるかわかる、というステキさ。私が普段いることが多い北京では以前から北京市がやっているレンタル自転車(日本の自治体がやっているような感じ。置き場所にきちんと戻すこと前提のサービス。)はありましたが、出てきてしばらくすると廃れては新しい自転車が配備され、を2-3サイクルぐらい繰り返していました。今のモデルがいいのは、エリア内だったらどこに置きおとしてもいいということ。放置自転車で頭を悩ます日本では果たして同じことが出来るかよくわかりませんが、日本でもやりたいという声もチラチラと聞こえてきます。

パンクや空気入れのメンテナンスをしなくてもよい工夫

さて、レンタル自転車が出だしたころには下の写真のように自転車のタイヤがパンクしているものがよく見つけました。ペコペコになっているタイヤのまま走っているのも見たり。

たまにまとめて自転車をトラックの荷台に積んで回収している場面を見ることがあって、そこで空気を入れたりメンテしているんだろうなーと思っていたんですが、ふと昨日見た別の会社の自転車では、いわゆる「穴あきタイヤ」を採用して空気入れやパンクのメンテナンスをしなくてもすむようにしているタイヤを発見。ノーパンクタイヤとは違うので乗り心地は決してよくないでしょうが、どうせ30分や1時間の短い移動なのできっとこれでよし。この改善、いい!(残念ながら時間がなくてこの自転車は写真を撮っただけ。試すことはできませんでした。)

こういう改善サイクルの早さはすごい。日本だとこれを例にすれば「パンクどうする。空気いれどうする。誰がやる。」と考えているうちにサービスが出てくるのに時間がかかってしまうけれど、とりあえず初めてからイロイロと出てきた問題に対処する。このサイクルのほうが、必要な改善を高速回転させれば確実に短時間でいいサービスが出来上がってきます。安全安心とのバランスはあるでしょうけれども、期待値コントロール次第。

電動自転車も出てきている

上海の享骑出行という会社は、電動自転車で同様のサービスを始めています。アプリの上で自転車のバッテリーの残量も見れます。ステキ。

ちなみにofoなどは保証金が99元ですが、この享骑出行は299元。もとの自転車が高いからでしょうね。

なにせ都市部の渋滞はよくなる傾向にはないし、街は比較的平らなので自転車の環境としても悪くない。そのうち放置された自転車が出てきたりメンテナンスをきちんとしない会社が出てきたりと問題が出てくるんでしょうが、そんなことは(良い意味で)織り込み済みで、このサービス改善を高速回転でやりながら本当によいサービスになればいいのだと思います。

航空特殊無線技士

飛行機好きです。その歴史は、小学校2年生のときにアエロフロートのイリューシン62に乗ったときから。イカロスの月刊エアラインは既に20年近く読んでいると思います。この雑誌、よくぞマンネリ化せずずっと続いていると思います。インターネットでの情報収集速度が上がろうとも、特集できるネタがこれだけあるということなんでしょう(ただ、もう少しライター記事の誤字脱字が減ればいいのに…)

7-8年前から撮影にはまり、そのうち空港でエアバンドを聞くようになりました。家のベランダには(あまり目立たないように)アンテナが立っています。家でしか無線は聞けないのがガマンができなくなり、防災用というつもりで会社に無線機を置いたら「なんかうるさい」とよく言われております。いや、でも3.11の時には本当にこの無線機があったおかげで上空の状況が分かりました。今でもこのときの羽田のタワーなどの録音データはずっと持っています。

先日、航空特殊無線技士(航空特)の試験を受けてきました。法規は陸上特殊無線技士のベースと近く、法規の勉強は比較的スラスラでしたが、まともに中学・高校にいっていないワタクシには(電気)工学の基礎が全くありませんので、こっちが大問題。問題集一冊買ってニラメッコしたのですが、さっぱり頭に入りません。

実技のフォネティックコードを覚えるのはエアバンドを聞き流していればあまり苦ではないレベルです。ただ、受話の方は(1)スピードが思ったより速い。(2)前半はいいものの、後半は集中力が途切れてしまう。 (3)どこまで書いたかよく分からなくなってくる。 というところが壁でしょうか。途中、二文字ぐらい飛びました。発話は落ち着けば大丈夫です。

試験は無事に受かりました。免許証の申請をしたので届くのが楽しみです。航空特を持っていても自家用パイロットなどになろうということが無い限り今のところすぐに使い道はありません。いつか将来使える日が来たらいいな、と。