トロントから大連への移動の後日談。

ところで、2つ前のblogのエントリーで書いたトロント-羽田-上海-大連の移動の後日談です。(「トロントから大連に移動します」)

結論、失敗しました。

トロントから羽田までは順調に飛び、羽田から先のフライトはチェックインできていないため一度荷物を引き取り日本に入国することになっています。(ついでにカナダからの荷物で一部は自宅に宅配便)

まずは羽田について荷物を受け取り、そのまま3階の出発ロビーに上がって中国東方航空のカウンターでチェックインしようとしたところ、、。

チェックインのときにカウンターでうまくいかない場合は二つに一つです。「良いことがある」。もしくは「悪いことがある」。良いことというのは大抵インボラ。つまりアップグレード。しかし今回の場合にはその可能性はなし。悪いことがある。この場合、欠航、遅延、オーバーブッキング。などなど。

カウンターに来るまでにぱっと空港内のディスプレイを見て遅延がないことを確認していましたが、なにやらグランドの方がいったりきたり。そして悲しいお知らせ。「上海の天候が悪く、機材の到着が遅れており、折り返しのフライトも遅れる可能性があります。その場合、上海から大連への乗り継ぎが1時間程度となります。」

おお、走るしかないか。(ま、よくあること)

そして続いて、「大連行きの便にお乗りいただけない可能性があるため、荷物を預けていただくことができません。お持ち込みいただけますか。」

いやー、すみません持ち込みできないサイズでして、、と足元のスーツケースに視線を落とす。(トロントからの出張の流れで)

続いて「(大連行きの便に乗れない可能性があるため)翌朝の便を仮押さえしている関係で、ここで国内便のチェックインができません。上海でチェックインをお願いできますか。」

がーんがーん。本来はスルーでバゲージもいける予定。ところが荷物を引き取り、入国し、チェックインし、なんてその時間も考慮する必要があると1時間の乗り継ぎでは自信なーし。中国の空港ですから!(ま、日本でもですね、羽田で国際-国内では80分、関空でさえ60分。それを上海で1時間とは、ははははは、無理。)

ABTCをもっているため入国はスムースにできる可能性があることは伝えましたが、乗り継ぎカウンターの列は長くなるとかなり待つのです。何か他のいい方法はないでしょうかと相談しますが、なさそうです。もっとも、翌朝の便では予定が無理。翌朝10時に大連のパートナーへ行く必要があるためにこの移動なのです。翌朝の東方航空では間に合いません。内心、そもそも今日の便が乱れていると翌朝の機材繰りも大丈夫かと不安になるところです。

いろいろと相談した結果、こうなりました。

  • グランドの方(受託しているJAL系の会社の方)の提案として、私の荷物は機内持ち込み、つまりキャビンバゲージができるように、まず東方航空の地上職員と調整。最終判断はパーサーになるが、という断りあるものの、理由を説明すれば私もこれはたぶんいけるだろうなという感触なのでそうしましょうと。
  • しかしバゲージの中に100ml以上の液体物があるので(ようは化粧品類。男なのにって?すみませんねぇ。乾燥対策です。誰もそんなこと聞いてないか。)、それはカウンターにあったダンボールに入れて預け入れ。最悪届かなくてもいい。
  • 上海で降りたらダッシュするイメージトレーニング。ゲートへのバスの手配はダメモトで聞いたけどもちろん無理。そもそも地上職員のアテンドも無理とのことなので、一人で走る算段を立てる。
  • そして、祈る。だいたいこういうときにはターンアラウンドが縮められないこともあるので期待するようにはいかないことが多い。だから祈るしかない。

さー、気持ちの準備は万端です。一応、最悪の事態に備えて東京のオフィスにお願いして「翌朝一番のフライトをおさえること(それだと間に合わないけど。東方より早いやつで。)」、「ホテルを探すこと」は頼んでおき、空港にきていたコンサルティング事業部のスタッフに会って必要な契約書にサインを済ませ、そして再度カウンターに戻り、このグランドの方と一緒にセキュリティを通過しました(そうしないと、バゲージのサイズがオーバーだといわれてしまう)。セキュリティで、航空会社からはオーソが出てます!とグランドの方が説明するが通じず。その後、出国して私一人ラウンジでちょっとだけゆっくりしておりました。

が。

が。

ラウンジでサラダを喰らうワタクシの横に先ほどのグランドの方が(ここまで来てくれたんだーというびっくりさと、サラダを口にいれようとしたところでモゴモゴすることで慌てる)。そして「お客様、今晩の上海から大連の便が欠航になりました」。

ということで、上海泊確定!

ゲートでいったん預けていた100ml以上の液体物、のダンボールをカーゴから出してもらい、スーツケースに入れて、そのスーツケースごと結局カーゴ送り。ばいばい。ちなみにそのあと、上海行きのフライト自体も出発が相当遅れ、予定より3時間遅れで浦東着。空港近くの、きっと二度と泊まる機会ないだろう(悪い意味ではなくそもそも機会がないはず)というホテルで5時間ほど過ごし、翌朝の始発で大連に飛びました。(40分ほど遅刻。皆様ごめんなさい。)

最後に。羽田のグランドの方の対応は完璧でした。必ず対案を出してくれる。持ち込みできないサイズのバゲージを見て、とっさにアイデアをだしてくれる。何が対応できて何が対応できないのか明確だからこちらも困ることはない。慌てている客を見てきちんと寄り添いながらも冷静に対応できるのは結果安心する。一緒に慌てられると結果混乱しますからね。ステキでした。この対応見習います。

ChinaJoyに参加するため上海にきています

ChinaJoy のBtoBエリア

ChinaJoy のBtoBエリア


上海に来ています。毎年この時期にある中国最大のゲームショウであるChinaJoyに参加することが主目的です。そろそろ東京ゲームショウ(TGS)との開催規模の差は拮抗してきているはずで、会場面積だけでいけば圧倒的にChinaJoyが東京を超しているという状況です。

一方で、この時期の上海は40度近くになる猛猛猛猛暑。短パンで歩きたいところですが仕事なのでさすがにそうもいかず汗だくです。

話の内容で書ける話題は少ないのですが、ひとつ興味深いことを。この手のイベントになるとチケットの横流し、使いまわし、が起きます。ChinaJoyには何年も参加し続けてきていますが、少し前まではパスだけ、そのうちQRコードがつき、それでもまぁ使いまわしができました。さらにはBtoCとBtoBはチケットが違うのですが、何年か前までは柵があっても通り抜けられる「柵のすきま」があったりして、そこからダダ漏れでした。

チケットの説明。1日1人2回までよ!

チケットの説明。1日1人2回までよ!

いつのころからなのか記憶がありませんが(今年が最初なのか去年もそうだったのか記憶が曖昧です)ふと今日裏側を見ると「1人1日2回までだよ!」というのと、「出口でもQRコードいるよ!」というステキな仕組みが出来上がっています。1人1日2回というのは使いまわし防止。出口でもQRコードいるよってのは、柵のあたりで中に入った人が次の人にパスを渡して、なんてことが出来ない(出るときもやればやれないこともないものの)仕組み。進化してます。

トロントから大連に移動します

トロント・ピアソン国際空港

トロント・ピアソン国際空港

13日東部夏時間の朝、起きてまず日本のニュースをチェックして入ってきたのはその少し直前にNHKで報道された天皇陛下生前退位のご意向というニュース。選挙後のタイミングで憲法改正の話が進むだろうタイミング、そして陛下のご体調、ご年齢、皇太子殿下をとりまく環境などを考えると、この時期だったんでしょうか。

さて、トロント・ピアソン空港に移動してきました。ここから大移動です。13時間かけてまず羽田。乗り換えて上海、さらに乗り換えて大連という、ホテル出発後24時間以上かけての移動です。予定通りにいけば大連に着くのは15日の0時すぎ。大連にいなければならないのは15日の朝ですが、トロントから最短で行く方法はこのルートでした。

せめて東京から大連に直行でいきたいところですが、北米からの便がつく時間帯には既に大連便は出払ったあと。そもそも成田ではなく羽田につくので直行便もなし。羽田からソウル経由でも微妙にスケジュールがあわず、最短距離がこれでも上海乗換え、でした。

昔はそれでも元気だったので世界一周を東回りと西回りで両方10日で回ってもなーんてことありませんでしたが、それは10年以上前のこと・・。その期間に東京-ニューヨーク-ボストン-ロンドン-東京、そしてそのまま山梨県で講演会、終わってまた東京-ロンドン-ワルシャワ-ロンドン-ニューヨーク-東京、というよくもまぁやったなという移動でしたが、今日はこのあとの移動がドキドキです。

はたして金曜日、わたしは大連で使いものになっているでしょうか!(なってなきゃ困る)

Microsoft Worldwide Partner Conferenceに来ています

DSC05502

日曜日から、トロントで開かれているMicrosoft Worldwide Partner Conference(WPC)に来ています。毎年一回開かれているこのカンファレンスに、今回初めて参加することになりました!

我々は今年初めてMicrosoftのパートナープログラムのコンピテンシーをとり、日本と中国との間でビジネスを進めています。

来るまではイメージがわいていませんでしたが、まず日本からだけでも数百人の参加、全世界から2万人近い参加の規模という、まぁなんとも日本で行われるカンファレンスとは規模の違うデカさを感じさせます。パートナーだけですからね。エンドユーザーがいるわけではなく。トロント市内の中心部を昼間に移動で歩いているとWPCに参加しているネームプレートをぶらさげている人に1分置きぐらいに会うといっても過言ではないぐらい。

Side Meeting をセットしていただいたり、夜のパーティの席で引き合わせていただいたりで、我々のビジネスに関わるグローバルの重要な方と直接お話しをすることもできました。何がすごいってレスポンスが早い。日本でエグゼクティブの人と会って話しても、そのあとメールでやり取りするっていってもいつ来るかなんて分からないですが(失礼!)、それぞれ次のステップのために何するかって即メールが皆から飛んできました。話を聞いていて理解できたのは、それぞれのロールがはっきりしているからやるべきことが明確、という印象を受けます。大変勉強になりました。セットしていただいたMicrosoftの皆様、ありがとうございました。

次の予定の都合で日曜日の夜から火曜日の夜までの実質2日間しか滞在することができませんが、来年もぜひ参加したいなと。トロントの街並みもとても気に入りました。帰りたくないー。

トロントの旧市庁舎の建物

トロントの旧市庁舎の建物

中心部にはStreet Carという路面電車が走っています。

中心部にはStreet Carという路面電車が走っています。

中国での今年の日本映画の状況

日中の温度計のひとつは日本映画の輸出件数

日本と中国の温度計として、日本映画の中国での上映数(許可数)を挙げています。2012年9月から2015年前半の日中の「氷河期」においては日本映画は一本も中国で上映されることはなく、しかしここのところ雪解けの状況が見られ始めています。

今月に入って新しいニュースとして飛び込んできたのは「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」の中国での上映。今日現在ではまだ上映スケジュールは中国側は公表していませんが、報道等では今夏とされています。既に上映された「ボルト- -NARUTO THE MOVIE-」、「聖闘士星矢Legend of Sanctuary」に続いてアニメ映画では今年3作め、これに実写映画である「ビリギャル」がありますので既に今年はここまでに4作品が決まったということになります。ビリギャルは2010年の「ノルウェイの森」以来の実写映画でしたが、そもそも中国の「映画バブル」が来てからは初の実写で、一作めに何が来るのか(すなわち何が許可されるのか)は注目してきました。ちなみにNARUTOは今年秋から中国の主要都市でライブスペクタル(演劇)のツアーが行われる予定です。

どうも今年はさらに続くらしい

ところで、私たちの聞くところによると、アニメ映画の輸入は今年はこの3本では終わらなさそうです。3本だけでも十分な実績ですから十分に評価できるところですが、どうやら中国当局が審査しているもの、あるいはほぼ審査は終わっているというものの中には「大砲」があと1-2本ぐらいありそうです。一方、永田町まわりからの話では、近々あるセレモニー的なイベントで花火が上がるのではないかという話題もチラホラと出てきています。

もうひとつは「秒速5センチメートル」の中国版公開のニュース。「秒速5センチメートル」は中国でもファンが多かったアニメのひとつでした。これはそのままの公開ではなく、中国で改めて制作した取り組み。映画の輸入にあたらないため本数の上限には影響しないと考えられます。今の中国での「映画バブル」のニーズを満たそうとした場合、日本の映画の輸入審査のプロセスを経てどうしてもタイムラグが発生してしまうほか、細かい点で中国側のニーズを満たしきれない場合もあるという事情も存在しているようです。昨年ごろから既に相当数のアニメのフォーマット・脚本シナリオが中国に持ち込まれていますが、さらに継続的に増えることが期待されています。

「秒速5センチメートル」、中国版が出たら、どのように描かれたのかぜひみてみたい。。

第8回若者力大賞の候補者推薦のお願い

若者力大賞の受賞者の候補者推薦をはじめました!!

私が理事を務めている公益財団法人日本ユースリーダー協会が毎年表彰している「若者力大賞」。この第8回の受賞者の候補者推薦を6月30日までの間、協会のWebサイトにて受け付けています。

昨年の若者力対象の受賞者は

昨年は若者力大賞に倉木麻衣さん、ユースリーダー賞にはパラリンピアンの高桑早生さんと、LGBTが生きやすい社会づくりに取り組んでおられる松中権さん、ユースリーダー支援賞・個人部門には池本修悟さん(なんとたまたま先輩!)、若者の政治参加を促す活動をされている原田謙介さん、団体部門では大学の教科書をリサイクル販売した収益を発展途上国の教育に寄付する活動をされている「STUDY FOR TWO」、の皆さんが受賞されました。

若者力大賞は「社会をより良くするために活躍する若者とその指導者を顕彰」で、よく社会で知られている活動ではなく、大きく知られていられなくても社会のために活動されている方を見つけて応援させていただくという趣旨をもっています。

今年度の若者力大賞の実行委員会は私が委員長、そして長年の仲間であるジョブウェブの佐藤さんが副委員長という体制で進めております。

ぜひ皆さんからのご推薦をお願いします!

パラリンアートの絵を飾り始めました

ご縁があり、「パラリンアート」の絵を社内に飾り始めました。パラリンアートは障害者のアーティストの方が描かれた絵を飾らせて頂き、その対価としてお支払いした金額の一部がアーティストご本人に届くという取り組みをされています。

パラリンアート

パラリンアート

いま、日本の障害者の総数は、18歳から64歳に絞ると約320万人(厚労省)。うち、雇用されている障害者の方の数は約45万人です。全員の方が働くことができる体調やからだの状況であるわけではないにしても、徐々には実数が上がっているとはいえ、今年4月の改正障害者雇用促進法の施行内容をみても、決して働く環境が開かれているわけではない状態です。

さらに、わが国における授産施設(ここでは身体障害者福祉法や知的障害者福祉法で定義されている施設を包含してお話ししますが)の工賃の実態は、手元にある資料で見ると平均月額約23,000円(厚労省。就労継続支援事業平均, 平成25年度)。記載している単位を間違っているわけではありません。この金額は厚労省などの「工賃倍増計画」によってこの10年弱で実際にだいぶ引き上げられてきましたが、あくまで相対的なことであり、絶対額の課題は多く残ります。また、そもそも授産施設、工賃、という言葉について、耳にされることはあってもその具体的な中身について知らないという人のほうが多いのは間違いない実態だと思います。

今回、たまたまパラリンアートのお話しを伺う機会があり、趣旨が強く賛同できるものだったため、即決しました。内心は即決していても言葉に出すのは一呼吸置いてから、というのが私の特徴ですが、我ながら珍しいぞと思いながらもその場で「ぜひお願いしたい」という言葉が口から出ていました。

「オレンジの大地」

「オレンジの大地」

いろいなステキな候補があり大変悩みましたが、クララオンラインのロゴカラー・イメージにも近い「オレンジの大地」という作品を選びました。絵は当社のオフィスの廊下に飾らせて頂いています。来社いただいた折にはぜひご覧ください。

これは便利だった。iPhoneの写真データのバックアップ。

ちょうどiPhone6のカメラに傷が入り、早いタイミングで修理に出そうかと思っていたところで、いちいちデータのバックアップをPCにとるのは面倒だなと思い商品を探していたら、バッファロー製のLightning対応のUSBメモリが売っていたので早速買ってみました。

BUFFALO Lightning対応 USBメモリー

BUFFALO Lightning対応 USBメモリー

いまどきUSBメモリの16Gbyteだと1,000円もしませんのでUSBメモリだと思って買うと高いのは正直なところ。Amazonプライムだと在庫切れだったのでプライムで配送してくれる商品で5,878円(6月12日購入)をポチり、届いて早速使いました。

届いて箱をあけて、iPhone6にそのままLightningで繋げるとアプリのダウンロードを促されるので落とし、画面から写真のバックアップを指定するだけ。便利。反対側にはUSB3.0のコネクタもついています。一度バックアップをとった後、新しい写真を撮ってまた接続してバックアップしようとすると、既にバックアップ済みの写真かどうかは確認して差分だけが落とされるようです。

何千枚の写真をまとめてバックアップするというのだとPCに繋げればよいでしょうが、面倒くさがりの私にとってはこれぐらいの手間の方が楽です。もう少し値段が安く、具体的には3,000円か4,000円台だと迷わず買うなとも思いますが、満足であります。

セイノーアジアトレーディングの設立について

本日、セイノーアジアトレーディングの設立を発表しました。セイノーホールディングス100%子会社のセイノー商事とクララオンラインが共同で出資し、越境ECの盛り上がりを背景に、主に中国のEC事業者に向けた日本商品の取り扱いを開始します。新会社にはクララオンラインが51%を出資します。

事業の内容についてはプレスリリースをぜひご覧ください。
「セイノー商事とクララオンラインが合弁会社を設立」

ご存知の方も多いと思いますが、当社にはセイノーホールディングスの田口社長が個人として第2位の株主として出資していただいています。今まではセイノーグループの各社の皆様とはサーバやコンテンツなどの事業上のお取引を小さくさせていただく機会があっただけで、事業をご一緒する機会は(たまたま)ありませんでした。

今回の新会社設立にあたっては、中国向けに伸び続ける越境ECの動きの中、いったんは延期となったものの税制の変更に伴う個人向け越境ECの一般貿易型へのシフト、そして中国国内に日本商品を取り扱うEC事業者が増え続けていることなどを背景に、両社で取り組ませて頂くことになりました。クララが持つ中国との取引ネットワークや様々なコンサルティングの実績と、セイノー商事の持つ日本でのメーカー・サプライヤーさんとのネットワーク、そしてセイノーグループ各社の輸送ネットワークを活かす取り組みが出来るものと思っています。

クララオンラインおよび私自身としては、「インターネット社会の発展への貢献と多様性の尊重」というクララオンラインの理念のもと、日本に限らず、各国の皆さんの国をまたいだ事業展開をサポートさせていただくことについて積極的に取り組んでいきます。

コロンビアセミナー

コロンビアセミナー

コロンビアセミナー

経団連で開催されたコロンビアセミナーに参加してきました。PROCOLOMBIA(コロンビア貿易投資観光促進機構)の方にお誘い頂き、コロンビア市場の可能性や、最近コロンビアに進出した日本企業のケースなどを伺いました。

私の印象として残った点を箇条書きで挙げると、、

  • 正直なところコロンビアのイメージはゲリラ、悪い治安、という印象が強かったものの、和平交渉は進んでおり、首都ボゴタの治安はまったく不安がないということ。
  • コーヒー豆や石油の輸出のイメージがこれもまた強かったものの、たとえば日本向けには切り花の輸出も進んでいるとのこと。農業国として日本への農産物への輸出拡大もねらう点のようです。
  • 駐コロンビア大使が話されていましたが「超」がつくほどの親米。アメリカ大使館はボゴタには2500名(この規模はなかなか聞いたことがない)いるというぐらいアメリカとコロンビアの関係は密接とのこと。これもまた日本のニュースの中では拾いきれていませんでした。
  • 日本とのEPA交渉は大詰めであること。APECへの加盟、TPP参加にも前向きに動いているとのこと。反政府ゲリラとの和平交渉が進み、かつEPA、APEC加盟、TPP参加となると、確かに海外からの投資はさらに伸びそうだとも思います。
  • なんといっても5000万人弱の人口のうち約半数が30歳以下。きわめて若いですね。そして優秀な層がたくさんいる。失業率は最新データで9パーセントほど。国内が安定すれば、このリソースへの関心は高まるように感じます。

コーヒー大好きな私にとっては、さらに勉強の意欲がわく国であります。